正直、ウザイ…!!「尽くし系彼女」の問題行動5パターン

彼氏のことが大好きだから、よかれと思ってお世話しているのに、それが裏目に出ているとしたら心外でしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「正直、ウザイ…!!『尽くし系彼女』の問題行動」をご紹介します。

【1】頼んでもいないのに部屋を掃除する
「お願いだから触らないでと言ったのに、漫画の並び順を変えられてキレました」(20代男性)など、勝手に部屋を片付けると、ウザイと思われてしまうようです。「埃っぽいと体に悪い」「部屋がきれいなほうが落ち着く」といった意見はたしかに正論ですが、だからこそ反発を招くとも考えられるので、余計な手出しはしないのが身のためでしょう。

【2】手料理で好き嫌いを克服させようとする
「自分は鶏の臭いがダメなんですが、『これなら大丈夫でしょ』と餃子に入れて出されたときは勘弁してほしいと思った」(20代男性)など、彼氏の好き嫌いを自分の手料理で克服させようとすると、ウザイと思われてしまうようです。ある程度の年齢になったら、苦手な食べ物をどうするのかは本人の問題なので、気になっても目をつぶりたいところです。

【3】起きる時間や一日の過ごし方を管理したがる
「休みの日に寝だめしようと俺の勝手なのに、『7時には起きてちゃんと朝食を食べなきゃ』とかうるさくてイヤになります」(10代男性)など、彼氏の生活リズムを管理したがると、ウザイと思われてしまうようです。「こうしたほうがいい」という信念があるのはわかりますが、一意見として述べるに留め、実践するかは彼氏に任せたいものです。

【4】自分好みのファッションを押し付けたり、勝手に服を買ってくる
「『私が好きで買ってくるんだから気にしないで』と服を押し付けられても、こっちは着たくないんだから迷惑」(20代男性)など、自分が好きなファッションを強要すると、ウザイと思われてしまうようです。ゴリ押しするより「こういうのも意外に似合うと思うよ」などと上手におだててその気にさせるのが、「自分好み」に変身させる近道かもしれません。

【5】結婚しているわけでもないのに懐事情に口を出す
「『ちゃんと貯金できないなら、私が管理するよ?』って、妻でもないのに何様かと…」(20代男性)など、彼氏のお金のやりくりに口出しすると、ウザイと思われてしまうようです。金銭感覚のルーズさが気になるようなら、「独身男性の場合、手取りの1割を貯蓄してる人が多いんだって」などと誰かの言葉を借りてそれとなく耳に入れるのが無難でしょう。

愛情ゆえの行為でも、独善的だと空回りしてしまうので気を付けましょう。(紺野竜平)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/24 8:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます