TBS『ラヴィット!』東京オリンピック景気「消滅」!!「視聴率2%」逆戻りの「超低空飛行」で出た麒麟・川島明への「残酷評価」

拡大画像を見る

「“東京オリンピック景気”で視聴率が急上昇していると言われていた『ラヴィット!』(TBS系)ですが、また視聴率が以前のような数字に戻ってしまっていますね」

 こう話すのは制作会社関係者。麒麟の川島明(42)がMCを務め、3月29日からスタートした『ラヴィット!』だが、どうやら今夏に吹いていた“追い風”はもうなくなってしまったようだ。

「9月の世帯視聴率を見ると、13日が2.7%、14日が2.8%、15日が2.7%、16日に2.5%、17日に2.6%。週が変わって21日には2.5%と2%半ばから後半あたりの数字になっています。

 3月29日の初回放送の世帯視聴率が2.7%だったので、9月になって放送開始当初の数字に戻ってしまっているんです。ただ、始まってしばらく後は世帯視聴率が1%台になってしまっていた日もあるので、そのときに比べたら伸びてはいるのですが……」(前同)

『ラヴィット!』の視聴率を巡っては、7月下旬から8月上旬にかけて上昇したとの報道も複数あった。

「7月23日に東京オリンピックが開幕し、裏番組の『スッキリ』(日本テレビ系)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)、『めざまし8』(フジテレビ系)は五輪関連のニュースが多く扱われていました。そんな中で『ラヴィット!』だけは時事ニュースをいっさい扱わず、バラエティ色の強い内容を続けたことで、五輪やスポーツにまったく興味のない視聴者を獲得。大会が終わってからもその視聴者の一部が定着していると言われていました」(同)

■3%を超えたのは……

 東京オリンピック開幕日以降の『ラヴィット!』の世帯視聴率を見ると、開会式当日の7月23日に3.1%、8月2日に3.1%、同月16日に3.0%と3%台に乗ってくる日もあった。

「それまで世帯視聴率1~2%台という水準だったのに、五輪が開幕したことで3%に乗る日も出てきたため、視聴率が上がったという報道が出ていたのでしょう。ただ、冷静になって数字を見てみると、『ラヴィット!』が3%台を記録したのは、開会式当日も含めておそらく3回だけ。

 また、3%台に乗ったとはいえ、それは“急上昇”とまでは言えるものではなく、微増の域は出ていなかったのではないでしょうか。もちろん、今は世帯だけでなく13歳から49歳までのコア視聴率が問われる時代で、目標をどこに置いているかで変わってくるものですが……」(前出の制作会社関係者)

 TBS関係者はこう話す。

「たしかに、一時期よりはやや上がってきているとはいえ、冷静に見て『ラヴィット!』は相変わらず厳しい状況と言えるでしょう。他局の2分の1、3分の1の数字なわけですからね。

 ただ、2月16日に行なわれたTBSの改編発表会で番組のチーフプロデューサーが“この番組ではニュース、ワイドショーを一切扱いません。視聴者の皆さまの日常が今より楽しくなる情報を笑いとともにお届けします。バラエティー番組です”と脱報道のコンセプトを明確に示しました。そして、バラエティ番組に引っ張りだこの川島さんに無理を言ってMCを受けてもらっているため、数字が厳しくても番組はやめられないといい、来年春以降も続くと言われていますね。

 10月1日から安住紳一郎アナウンサー(48)がメインを張る『THE TIME,』も始まります。この番組が好調であれば、その後に続く『ラヴィット!」も視聴者を受け継ぐことができ、視聴率アップが狙えますから、それに期待するしかないでしょうね」

■番組の迷走が原因でも“MC失格”の烙印……

“東京オリンピック景気”による視聴率上昇が言われていたが、その勢いにも陰りが出てきて、以前とそう変わらぬ低空飛行となってしまっている『ラヴィット!』。スタート時から半年が経った今、その番組の不調の影響が、MCの川島にも出てきてしまっているようだ。

「『ラヴィット!』は、事件、話題の芸能、そして天候のことなど、視聴者がやっぱり“情報”が欲しい朝8時台に、バラエティ路線を突っ走っています。TBSサイドはもちろんそれを分かっていて挑戦したわけですが、現状までの数字を見る限り、やはり時間帯と内容の“ミスマッチ”が指摘されています。

 また、番組のクオリティに疑問が上がることもあります。9月9日の放送では『キングオブコント2021』の決勝に進出したとはいえ一般的な知名度はほぼない、そいつどいつをフィーチャーした企画を放送し、“迷走”と言われていました。

『ラヴィット!』の低空飛行は、こうした制作サイドの問題がほぼすべてでしょう。ただそれでも、ここまで悪い数字がずっと続いていると、非常に残酷ですが、“MCを務める川島さんが数字を持っていない”という評価になってしまうのがテレビ界なんです。

 川島さんの回しの技術は抜群で、少々厳しいボケもすべて拾って面白くて見せてくれる。『ラヴィット!』を見ていても彼の確かな実力はすぐに分かりますが、それでも現状、“川島さんに番組MCを任せるのはキツイ”という評価になってしまっていますね」(民放キー局ディレクター)

 と、一部では、“MC失格”の烙印を押されてしまっているという川島。

「MCは番組の顔で看板。逆に言うと、面白くて、番組を上手く回せることが一流MCの条件ではないとも言えるかもしれません。大して何もしなくても、2番手、3番手の人が頑張って、番組が面白くなって、数字が良ければそれでOKなんです。MCには番組の顔としての重み、影響力のほうが必要だったりしますよね。

 現状では、やはり川島さんは最強の2番手。『ラヴィット!』と並行してバラエティ番組に引っ張りだこですが、そこでの活躍は見事ですよね。ただ、“MC川島明”が終わったというわけではなく、今後の番組、企画次第ではハマるもののあって、良い数字が出るもののあるかもしれない。そこまではちょっと我慢の時間となるのかもしれませんね……」(前同)

 厳しい評価が出ているというが、なんとか『ラヴィット!』での大逆転を期待したい!

関連リンク

  • 9/24 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます