氷川きよし、ゴージャスな黒ドレスで美背中披露!「似合い過ぎてて恐ろしい」「もうこれはアート」

拡大画像を見る

 歌手の氷川きよし(44)が20日までにインスタグラムを更新。黒のゴージャスなドレス姿を披露した。

 この日、氷川は「漫画家・文筆家 ヤマザキマリさんの作詞 『生まれてきたら愛すればいい』 そして 湯川れい子さん 作詞 『紫のタンゴ』の世界観をこのドレスがより一層世界を作ってくれます」とコメントし、自身の楽曲『生まれてきたら愛すればいい』『紫のタンゴ』の世界観を表現しているという黒のドレスを着た姿を公開。ドレスは背中や肩が開いたデザインで、飾りのついた帽子やグローブまですべて黒で統一されている。

 氷川は9月10日から「氷川きよし ーYou are youー Release Tour 2021」を開催しており、今回のドレス姿はこのツアーで披露されたようだ。

 氷川のゴージャスなドレス姿に、ネットでは「氷川きよしのドレス姿美しすぎん?」「すごく綺麗」「優勝してる」「黒ドレス最高すぎる」「もうこれはアート」「似合い過ぎてて恐ろしい…美魔女…」「可愛いすぎる ズルいよ~笑」「黒ドレス姿がクルエラより素敵 美しくなるスピードが凄すぎる」とさまざまな反響が寄せられている。

関連リンク

  • 9/24 7:32
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます