Snow Man、阿部亮平不在で番組暴走状態「質問バカすぎない?」共演者も嘆くTBS『それスノ』の「足りない8人」

拡大画像を見る

 9月19日に放送されたSnow Manの冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)のクイズ企画で、高偏差値メンバーの阿部亮平(27)が番組を休んだため、残った8人のポンコツ具合を共演者に見抜かれてしまった。

 阿部は8月28日に新型コロナに感染したと発表され、収録当時は体調回復していたが、先週に続き大事をとって休んでいた。これを受け、深澤辰哉(29)が「しっかりみんなで盛り上げていきましょう!」と声をかけ、メンバーのそれぞれが気合を入れた。

 今回の企画は、アンジャッシュの児嶋一哉(49)とタレントの朝日奈央(27)をゲストに迎え、“あれの次なんだっけ?クイズ”と題した、連続性のある常識問題に挑戦することに。例題として、干支の順番が出題されると、さっそく、向井康二(27)が「辰」と「龍」と言い間違えてしまう。

 これに朝日は「これ、やってますね?」と向井がわざと間違えたと疑い、「そんなに映るタイミング少ないんですか?」と、ボケ解答で目立とうとしている向井の貪欲さを指摘。向井は「いやいやいや」と否定したが、スタジオには笑いが起きていた。

 1問目は東海道・山陽新幹線「のぞみ」が福岡県の終点に向かうとき、東京駅の次の駅から必ず停車する駅を10駅連続で答える問題で、向井が「福岡って東京の、右か左どっち?」と質問。ラウール(18)に「大阪側だよ」と言われて納得していたが、児嶋が「質問がバカすぎない?」とツッコんだ。

 そして、答える順番をメンバーで決めていたのだが、佐久間大介(29)と目黒蓮(24)は、東京駅の次(品川)とその次(新横浜)しか分からないと告白。いきなり戦力不足が明らかになってしまい、深澤が動揺していると、児嶋が「頭の良い人はいないの?」と追求した。

■頼れるのはラウールのみの悲劇

 すると、ラウールが「頭が良いのが休みなんですよ」と応じ、佐久間も「頭が良い阿部ちゃんが今日いないんです」「Snow Manの偏差値を保っているのがいないんで、底辺なんです、今」と説明。向井が「だから、頼れるのは学生のラウールぐらいなんです」と続けた。

 結果、1問も10連続で正解することが出来ず、8人はスリッパを使った無茶ぶりに応える罰ゲームで撃沈。これを見ていた視聴者は「やっぱりクイズ企画はあべべがいないと成り立たん笑」「あべちゃんがいないと、ほんとにバカバレちゃうのね」と、阿部不在の足りない8人を楽しんでいた。

「阿部は上智大学の大学院、理工学研究科卒で偏差値は約70。堀越高校の現役のラウールと大学中退の深沢以外、ほかのメンバーも大卒ですが、卒業大学の偏差値は50に届くのがやっとのレベルだったようです」(アイドルライター)

 大学院卒で気象予報士でもある阿部は、“ジャニーズ最強のインテリ”などと呼ばれていて、数々のクイズ番組に出演している。昨年放送の『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(日本テレビ系)では全問正解し、番組史上2人目となる賞金300万円を獲得した。

 また、バラエティやコンサート、YouTubeでは、ほかのメンバーの言い間違えなどをツッコむ役を担当していて、グループには欠かせない存在だ。今回はコロナ感染で不参加だったが、阿部が入って9人が揃ってこそ、Snow Manとしての持ち味を発揮できるのだろう。

関連リンク

  • 9/24 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます