ボビー・オロゴン、DV逮捕・謹慎からの復帰に賛否「不憫」「応援できない」

拡大画像を見る

 妻に対する暴行で逮捕され、1年以上芸能活動を休止していたタレントのボビー・オロゴンが9月16日、芸能活動の再開を発表した。

 昨年5月16日、ボビーは自宅で妻に対し「ボコボコにするから」と告げ、妻の左頬を右手の指先で突く暴行を加えたとされ、その日の内に埼玉県警に現行犯逮捕された。後日、釈放され在宅起訴。ボビーは起訴内容を認め、今年5月にさいたま地裁から暴行罪で罰金10万円の判決が言い渡された。

 ボビーはファックスによる書面で「この度の事に関しましては当事者が家族同士であったこと等によりお互い傷つけあうことを最小限に抑えたく、できるだけ円満にと解決の道を模索致しておりましたため時間がかかってしまいましたが、このたび無事に解決に至りましたことをご報告させていただきます」と説明。コロナ禍での自粛期間中、自分を見つめ直す時間を得られたことも明かした。

 今回の復帰は「有難くも、このたび本来のボビー・オロゴンの姿を再び皆さまの前に出さないかとのお誘いがあり、お受けする事になりましたことを、これまでお世話いただいた皆様にはお知らせ致したくご連絡申し上げます」とあり、復帰は仕事のオファーがあったことがきっかけであることを説明した。具体的な仕事の内容は触れられていないが、「撮影も順調に進み、かつての自分を取り戻したような時間を過ごさせていただきました」とあり、充実した時間だったようだ。文書は最後に「今後は心機一転 芸能活動に努力して参りたい所存です。どうぞ皆様。今後とも温かいご支援とより一層の厳しいご意見ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と締めくくられていた。

 ネットでは《DVは印象悪いし、身内が警察の介入を求めるのって相当なことだと思う。別にボビーのことが嫌いなわけではないから反対はしません、応援もできない気がしますが》といった声もあったが、《ほかの不祥事の芸能人と比べても自粛中特に話題が上がることもなかったからほんとにおとなしくして反省したのだと思う》《まぁ、夫婦間の問題だし‥‥本人もきちんと反省したでしょうからね。夫婦喧嘩はほどほどにして、もらえる仕事があるなら頑張ってください!》《格闘技もしていたし、体格もいいので、小突いただけでも恐怖を感じると思いますが、それを暴行として逮捕されたのは不憫に感じました。夫婦のことなので、他人が口を出すことではないのでしょうが》など、応援の声も多かった。

「ボビーは06年に当時の所属事務所と出演料などを巡って対立した際、事務所内で暴れ、警察にも通報されたことで芸能活動の自粛を余儀なくされたことがあります。今回DVの件ではついに逮捕、罰金刑も科されましたが、テレビで見せるとぼけた人柄の印象せいか、あまり批判的な声は目立ちません。復帰早々、自身のYouTubeチャンネルも開設し、謹慎中の生活などを語る謝罪動画をアップしていましたが、炎上どころか高評価の数が6400以上と低評価の400強を大幅に上回っていました。これは謹慎から復帰したばかりの芸能人としては異例といえるのでは」(芸能記者)

 この調子なら早々に地上波復帰も果たすかもしれない。

(柏原廉)

関連リンク

  • 9/24 7:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます