霜降り明星・粗品、熱海舌禍事件、まな板事件、レギュラー喪失…態度急変「ADにも敬語になった」!

拡大画像を見る

「霜降り明星の粗品さん(28)ですが、最近になって『新しいカギ』(フジテレビ系)のADにも敬語を使うようになったといいます。彼の中でも“まな板事件”が報じられたのは相当ダメージだったんではないでしょうか」

 そう話すのはお笑いプロ関係者。

 若者から大人気の霜降り明星、チョコレートプラネット、ハナコによるお笑い番組『新しいカギ』。“まな板事件”が勃発したのは、5月14日放送の同番組のゲストコーナー「焼肉ソシナ」の収録の際だった。用意されていたまな板を、ADが本番直前に洗剤で洗ってしまうということがあり、粗品がこれに激怒。

 実家が焼肉店を営む粗品は「営業前の焼肉店で、洗剤でまな板を洗うなんてありえない。新しいのを用意して!」となり、スタッフのなだめにも応じず、粗品が納得するまな板を買いに行く必要が生じたため、収録が3時間も遅れてしまったという。

 9月10日放送の『新しいカギ』では「焼肉ソシナ」にゲストとして出演した今田耕司(55)がこの“まな板事件”をイジる場面があった。

 今田は開口一番、「見つけた! あれがニュースで見た、噂のまな板やな」と指摘。これに粗品は「ネットニュースは8割、9割ウソとか言うじゃないですか? あることないこと書かれてますけどね。あれは全部ホンマです」と告白し、今田は手を叩いて大喜びしていた。

■番組終了&低視聴率……“お笑い第7世代”筆頭の霜降り明星が失速

 霜降り明星といえば“お笑い第7世代”の筆頭芸人として高い人気を誇ってきた。しかし、ここ最近、その勢いがやや失速してしまったという見方もある。

「たしかに霜降りの仕事はここ最近減ってきている感じですよね。大前提として今までが多忙すぎたというのがあるのでしょうが、爆笑問題と霜降りがMCだった『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)は9月19日に終了してしまいました。またコンビの冠番組『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系)は10月から約3時間繰り下げとなり、土曜深夜3時から放送されることが発表されましたね」(制作会社関係者)

 繰り下げとなる『霜降りバラエティ』が放送されていた火曜深夜0時15分からの枠では、10月からは爆笑問題と神田伯山(38)がMCを務める『まさかのルールはなぜできた!?作画プレゼン!刺さルール』がスタートする。

「枠は移動しますが、爆笑問題は生き残り、結果的に霜降りだけが外された格好ですよね。また、4月から始まった『オトラクション』(TBS系)も初回の世帯視聴率は3.7%、個人視聴率も2.4%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)とスタートからつまずき、現在まで深刻な視聴率低迷が続いています。おそらく、このままいけば来春の改編は越えられないでしょうね。

 霜降りはまだ20代の若手ですから、仕事に波があるのも仕方がないとも言える。ただ、粗品さんに関しては“まな板事件”以上に、“熱海が終わった”発言が大きく尾を引いているとも言えるでしょうね」(前同)

■「これ、ちゃいますねぇ」からADに対しても敬語を使うように変貌

 7月9日深夜放送の『霜降り明星のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、静岡朝日テレビのレギュラー番組『霜降り明星のあてみなげ』で共演する宮崎玲衣アナウンサー(27)に“雨女疑惑”があるという流れに。

 ここで粗品は「(宮崎アナが『アメトーーク!』に出演した)次の日ぐらいかな。熱海が終わったもんな、雨で。いや、宮崎アナのせいで」と発言。相方のせいや(29)はすぐにフォローを入れ、その後、番組内で粗品が謝罪するという場面があった。

 7月14日、番組を放送するニッポン放送の檜原麻希社長はオンラインで定例記者会見を行ない、「誤解を受ける発言で、局として大変残念」とし「みなさまにもご心配をおかけし、お詫びします」とリスナーに向けても謝罪した。

「粗品さんの一言が、放送局の社長がコメントを出すほどの大ごとになったわけですよね。粗品さんも熱海発言はすぐに訂正して謝罪したわけですが……。また、“まな板事件”についても今田さんは笑いにしていましたが、粗品さんの行きすぎた態度に注意を促すために、あえて番組内で触れたのではないか、という見方もありましたね」(前出の制作会社関係者)

 粗品がここにきて、『新しいカギ』のADに敬語を使うようになったというのも、“まな板事件”や熱海に関する発言、そして、もしかしたら今田の指摘があったからなのかもしれない。

「粗品さんといえば、これまでの口癖は“これ、ちゃいますねぇ”でした。番組が用意したコントや台本に“これ、ちゃいますねぇ”と指摘し、イチからやり直しをさせる場面がよく目撃されていた。しかし、ここ最近は『新しいカギ』の現場でADにも敬語を使うようになったというから驚きですよね。

 当然、これまでの少々大きすぎた態度を反省しているからこそ、敬語を使うようになったと考えられますよね。ただ、ADにもそこまで丁寧な言葉遣いとなると、多少の警戒心があるのかもと。スタッフが自分のことを好んでないから“まな板事件”などが報じられることになったということで、そこの関係性をなんとか変えていこうということなのかもしれませんね」(前出のお笑いプロ関係者)

■ロケが押したり、待ち時間が長いとマネージャーに激怒

 粗品が「天狗になっている」と報じる週刊誌、スポーツ紙もあったが、ここにきてその態度に変化が生じている可能性はありそうだ。

「対外的な部分は、多少変わってきていると言えそうです。特に『新しいカギ』の現場では気をつけているのではないでしょうか。また、他の現場でも番組スタッフに対してはそれほどキツく当たることはないそうです。ただ、まるっと人間が変わったというわけではありません。

 相変わらず忙しいというのが一番の原因でしょうが、粗品さんが最も嫌うのが“収録やロケが押すこと”や“待ち時間が長いこと”なんです。ロケが押したり、待ち時間が長いとめちゃくちゃ態度が悪くなるそうで……」(放送作家)

 収録現場では、粗品が自身のマネージャーに厳しく当たっている姿がよく目撃されるという。

「現代ではすぐにパワハラなどと言われれしまうので、行き過ぎはまずいですが、ただ、タレントが自身のマネージャーに、仕事のスケジュール管理などで文句を言うのは仕方のないことですよね。レギュラー番組が多少減ったとしても、霜降りは相変わらず殺人的なスケジュールを送っているでしょう。売れっ子の幸せな悩みとも言えるのでしょうが、そのあまりの忙しさから、粗品さんは時間に対してシビアになってしまうのではないでしょうか」(前同)

 分単位で動く多忙な日々が続き、自身の言動にもさまざまな声が上がるのはスターの証。10月から土曜20時の枠に移動する『新しいカギ』は、変身したという粗品の活躍もあり、フジテレビを代表するバラエティ番組の仲間入りを果たせるのだろうか!?

関連リンク

  • 9/24 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • 猫魔天狗

    10/4 18:22

    毒舌と暴言、諌言と誹謗中傷この違いが判らなきゃ!人の耳に冷笑を与えるか、嫌悪を与えるか?お前が言うか!と言われる前に人の振り見て我が振り直せを胸に刻まなきゃいけないね。

  • 玉葱

    10/4 18:00

    今も過去も芸人が芸人目線の噂で、アイツらオモロイとか鳴物入りで露出が増えた若手って大概、期待外ればっかりだからね。コンビだと片方が世間ズレしてたりクセが強烈過ぎて目立ってそれがオモロイと勘違いされてると思う。担ぎ上げられた方もある意味被害者みたいに消えてったのもいるし。好みもあるだろうけど、個人的には出始めた頃から粗品が面白いと思った事無いわ…。他の一例出すなら和牛もそんな感じだったしな…。

  • 勢いがなくなったなあ。

記事の無断転載を禁じます