草なぎ剛 関西ローカルでMC やすよともこを知らず 共演後「意外と乙女」

拡大画像を見る

 俳優の草なぎ剛(47)が、読売テレビの特別番組「草なぎやすともの うさぎvsかめ」(10月3日開始、後0・35。4週連続放送予定、関西ローカル)で姉妹漫才コンビ・海原やすよ ともことともにMCを務めることが23日、わかった。

 童話「うさぎとかめ」を現代に置き換え、あるテーマで専門家に1時間だけ教わる“うさぎ”とネット情報で1週間頑張る“かめ”が検証対決する番組で、異色の顔合わせが実現した。

 やすともは写真を見せられ、“相方”が草なぎと知って仰天したという。口外禁止を守った海原ともこ(49)は「多分、大阪中が引っくり返る」と表現。草なぎが2人を知らなかったと謝罪すると、ともこは「だから心配だったんですよ。ほんまに大丈夫かなって」と不安があったとした。

 草なぎが「僕は基本的に何も考えてないですし、番組の方からも何も考えないでいいって言われたんですよ。それがやっぱり面白そうだと思って…だから、なんか『すいません』みたいな」と笑うと、海原やすよ(45)は「それが楽しかったです。何の情報も入れない、逆にその今の感じでどうやってお話しさせてもらえるんかなっていうのがすごく楽しみで」と前向きだった。

 やすよは草なぎの印象を「テレビのままですけど、すごいしゃべりやすい方。スターすぎるから、大阪の番組で私らとしゃべる時にどんな感じになるのかが全く見えてなかったんですが」と明かした。

 ともこは「すごい楽しいよな」と妹に語りかけ、「もっとクールな方やと思ってたから。ドンとしてはるし、温かい空気があって。めちゃくちゃしゃべりやすかったですし。ギャーギャー言ってても『嫌やな』っていう感じではなく、『なんかそれもいいよね~』って受け止めてくれはる感じでした」と告白。

 草なぎは、包容力があると感じたやすともの“愛され力”を「毛穴から出てましたね」と言うと、2人が意外にガンガン来なかったことに言及。「グッと行くのも来られるのも実は苦手」(ともこ)、「慣れてくると行けるんですけど」(やすよ)と本音を引き出し「かわいいっすね。意外と乙女なんじゃないですか?」といじった。

 ともこが「大阪で地道にやってて『草なぎやすともの』って、出世したな~と思いましたね」と打ち明けると、やすよが草なぎに「これからも来ていただきたいです。私らと一緒にやるのに来てほしいです」と懇願。草なぎは「うん、出発ですよ、これは」と承諾したが、ともこは「大阪芸人とロケ行ってたらめちゃめちゃジェラシーですよ」と返し笑わせた。

 番組第1回最初のテーマは「パラパラチャーハン対決」。“かめ”はエルフ・荒川。“うさぎ”はAKB48・柏木由紀で中華料理の達人が1時間で技を叩き込む。料理が苦手な2人のうち勝つのは?

 スタジオでは草なぎがやすともにチャーハンを振る舞う一幕も。収録で最も印象的だったことに挙げた姉妹は「超おいしかったです」と声をそろえた。

関連リンク

  • 9/24 5:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます