「はい、即ブロック。」友達からの好感度が下がる【イラッとLINE】4つ

こんなLINEが届いたら、即ブロック決定!
一体どのような内容に、受け取り側はイラッとしたのでしょうか。

知らぬ間にあなたの好感度を下げるNGなLINEは、こちらの4つです。

(1)マウントLINE


話の腰を折るマウントLINEは、敬遠されがちなLINEの1つです。
まるで自分の方が立場は上といわんばかりの横暴な態度に、うんざりしてしまうのだとか。

「いくら友達でも無理」「時間がもったいない」という意見が多く、ブロック対象になるのも時間の問題です。
相手を見下したり過度な自慢話をしたりすると、マウントLINEに行き着きやすいので注意しましょう。

(2)ドタキャンLINE


急用でどうしても約束がはたせない……。
このようなシチュエーションは、人間誰しも遭遇するものです。

しかし、ドタキャンが続くと「約束を守れない人」というレッテルを貼られ、やがては信頼がなくなる恐れがあります。
なかには、「ドタキャンの報告をLINEで済ませるのがあり得ない」という意見も。

もちろん、約束を守るのがベストです。
しかし、どうしても行けなくなったら先に電話を入れて、誠意を見せることが大切なのかもしれませんね。

(3)悲劇のヒロインLINE


自分に起きた悲しい出来事を、友達に聞いてほしい……。
日常的にあるあるなこちらのケースも、実は好感度が下がるLINEに該当します。

その内容は、かまってちゃん全開な姿勢を指摘する声がほとんどでした。
「聞き流している」「事故にあったみたい」といった冷たい意見が多く、友達関係を見直すきっかけにもつながるようです。

そのため悲劇のヒロインLINEは、どうしても聞いてほしい「ここぞ」というときにとっておくことが大切。
そうすれば、打ち明けてくれたあなたのことを、本気で心配してくれるはずですよ。

(4)噂話LINE


噂話から会話が盛り上がることってありますよね。
しかし、こちらも度がすぎると、相手にあまりよい印象を与えません。

信憑性のない話を楽し気に話す姿は、おしゃべりなイメージが強まります。
「秘密が守れなそう」という印象を抱かれれば、本当の信頼を得ることは難しいです。

噂話への欲求をセーブして、誠実な姿勢でのぞみましょう。


好感度を下げるLINEは、意外とやってしまいがちなものが目立ちます。
そのため、LINEを送信する前に一呼吸おいて、送ったらどうなるかシミュレーションをしてみることが大切です。

そうすれば、トラブルを上手に回避しつつ好感度UPの術が身につくかもしれませんよ。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/23 20:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます