Sexy Zone菊池風磨「全裸OK」で評価まだまだ上昇!「男性版みちょぱ」としてバラエティーの顔まっしぐら!?

 A.B.C-Zの河合郁人を筆頭に、バラエティー番組で活躍するジャニーズタレントが続々と登場している。そのなかでも、特にテレビ業界から高く期待されているのが、Sexy Zoneの菊池風磨だという。

 最近ではフジテレビ系『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』にレギュラー出演し、ドッキリをかけられて全裸になることも多い菊池。まさに「アイドルらしからぬ」活躍である。

「『ドッキリGP』では、ことあるごとに全裸にさせられるという役割が鉄板ネタ化していて、自ら『ジャニーズなのに』と自虐に走ることもできる。こんな体の張り方ができる若手タレントは、ジャニーズじゃなくてもまだ少ないですから、かなり重宝されています。でも、菊池の本当の“ストロングポイント”は、そこではないんですよね」(テレビ局関係者)

 菊池は現在、嵐の二宮和也が立ち上げたYouTubeチャンネル『ジャにのチャンネル』のレギュラーメンバーとして動画に出演している。

「ジャにのチャンネルのメンバーで菊池はいちばん後輩なんですが、先輩たちをガンガンイジっていく。その姿を“陽キャ”だとイジられることも多いのですが、それにも動じず先輩の懐に入っていく。これは、そのままバラエティー番組で活用できるスキルです」(同)

 折り目正しいタイプが増えている近頃のジャニーズタレントのなかで、菊池は“適度なチャラさ”を持ち合わせる稀有なタイプだと言われている。

「慶応大学卒のインテリということもあり、先輩に“ウェイウェイ”という感じで絡んでいくのに、決して無礼な感じはしないのが菊池のすごいところ。このタイプのタレントは、ジャニーズ以外でもあまりいない」(制作会社スタッフ)

 このような“適度なチャラさ”を持つタレントにおける最大の成功例は、みちょぱこと池田美優だ。

「みちょぱは、しゃべり方も見た目もチャラいけど、その場の空気を完璧に読んで、MCや共演者たちが求めるコメントを的確に発していく。しかも、どんな共演者を相手にしてもフレンドリーでありながら、決して失礼な態度になることはない。現場にみちょぱがいるだけで、確実に番組が締まるんです。菊池もやはり、みちょぱと同様のスキルを持っているといえます」(同)

 菊池風磨は、“男性版みちょぱ”としての期待が高まっているのだ。

「ジャニーズタレントがいろいろな番組に出るようになったとはいえ、お笑い芸人とは確実に扱い方が違うし、多少は持ち上げなければならないという空気もあります。番組内では、少なからずジャニーズタレントの見せ場を作らなければならないという事情もある。でも、菊池のキャラクターであれば、そういった特別扱いをする必要もない。それこそみちょぱだって、基本的にはメインゲストで番組に出演することはほとんどなく、サブゲストや裏回しの役割を担うことが多い。菊池もそれと同じ役割ができるタレントとして、期待されているんです」(同)

 大物MCや現場スタッフから絶大なる信頼を得て、バラエティーに欠かせない存在となったみちょぱ。菊池風磨が“男性版みちょぱ”として、爆発的にブレイクする未来も近い?

  • 9/23 20:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます