バラエティ適正バツグンなのに伸び悩む峯岸みなみ、熱愛発覚で「指原莉乃の壁」超えに挑む!?

 人気YouTuberグループ「東海オンエア」のリーダー・てつやとの熱愛が発覚した元AKB48の峯岸みなみ。最近は主にバラエティー番組で活躍している峯岸だが、テレビ業界では「伸び悩んでいる」との評価だという。

 AKB48時代からバラエティー志向が強かった峯岸。2020年10月放送『まっちゃんねる』(フジテレビ)の「女子メンタル」では、女性タレント同士の笑わせ合いバトルで優勝し、そのお笑いスキルの高さを世間に轟かせた。

「『女子メンタル』で優勝するというのは、つまり松本人志に認められたということ。これをきっかけに、バラエティ番組界隈における峯岸の評価がグンと上がったのは間違いないですね。しかも、その『女子メンタル』は朝日奈央やファーストサマーウイカといった、バラエティーの超売れっ子を負かしての優勝でしたから、そのまま峯岸が新たなバラエティー女王の座に着きそうだとも言われていました。でも、たしかに『女子メンタル』以降、番組出演数は増えたものの、トップ争いには参戦できていない状態のままです」(バラエティー番組関係者)

 松本人志が認めるほどのお笑いスキルがあるにもかかわらず、なぜ峯岸は伸び悩んだのだろうか?

「峯岸が完全にブレイクできない最大の理由は、友人でもある指原莉乃の存在があるからでしょう。峯岸のキャラクターは、指原が売れ始めた頃とあまりに似すぎているんです」(制作会社スタッフ)

 指原といえば、2011年頃からソロでのバラエティー番組出演が増加し、2012年に熱愛スキャンダルが発覚するが、そこでHKT48に“左遷”されたことをバネに、さらなるブレイクをものにしたという経歴の持ち主。

「指原はスキャンダルの影響もあり、アイドルなのにスレている、アイドルなのに愛嬌で売っていないというキャラクターがついていて、だからこそバラエティー番組で使いやすかったわけです。

 峯岸も、スキャンダルもあってアイドルなのにスレているキャラだし、指原との共通点が多すぎる。キャスティング会議でも、たしかに峯岸の名前が挙がることが多いんですが、指原と変わらないなということになり、だったら峯岸じゃなくてもいい、と避けられがちなんですよね。やはり、バラエティー番組は新しい人材を好むので、既視感が強いタレントは選ばれにくい。峯岸にとっては、指原というぶ厚すぎる壁が、ブレイクを阻んでいるんですよね」(同)

 そんななかで発覚した東海オンエア・てつやとの熱愛は、峯岸にとって大きな追い風となるのだろうか。

「今回ニュースになったことで、いくつかの恋愛系のトーク番組などに呼ばれる機会は増えるはず。そこで、これまでとは違う一面を見せることができれば、一気にブレイクもあり得ると思います。具体的な恋愛トークは指原が持っていない要素なので、峯岸が出し抜くには今が絶好のチャンス。峯岸本人も、必死になって戦略を練っているところだと思いますよ」(同)

 プライベートでは仲がいい峯岸と指原だが、仕事上では図らずも同じ席を奪い合う関係だと言えそう。指原に大きく差をつけられた峯岸が、これからどう巻き返していくかが見ものだ!

  • 9/23 19:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます