【オールカマー注目馬】重賞で2着5回、3着7回… 善戦マンが3年ぶりの勝利を目指す

拡大画像を見る

 9月26日に中山競馬場で行われるオールカマー(3歳上・GII・芝2200m)。今回、様々な意味で注目したいのがステイフーリッシュ(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 ステイフーリッシュは父ステイゴールド、母カウアイレーン、母の父キングカメハメハという血統。

 2017年12月にデビューし、初勝利。中2週で臨んだホープフルS(GI)では3着に入るなど2歳時から能力の高さを見せており、翌年の京都新聞杯(GII)で重賞初勝利を飾った。

 しかし、この1戦以降は長らく勝利から遠ざかっている。京都新聞杯以降、重賞に21回出走したが2着5回、3着6回と勝ちきれない競馬が続いている。

 オールカマーは昨年3着、さらに芝2200mで見れば、7戦して馬券圏内6回という相性の良い距離。なんとかここで3年以上ぶりとなる勝利を手にしたい。

 なお、父ステイゴールドは現在JRA重賞勝利数が113。これはヒンドスタンと並んで歴代4位タイの数字だ。当然ここで勝利すれば歴代単独4位に浮上することとなる。

 同じくオールカマーに出走しているステイゴールド産駒マウントゴールドとともに、父に“114勝目”をプレゼントできるかも注目したい。

関連リンク

  • 9/23 20:36
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます