木村拓哉、撮影時にNG出すハプニング その訳とは?<マスカレード・ナイト>

【モデルプレス=2021/09/23】俳優の木村拓哉と女優の長澤まさみが23日、都内で行われた映画「マスカレード・ナイト」大ヒット御礼舞台挨拶に、メガホンをとった鈴木雅之監督とともに登壇。SNSで寄せられた質問に回答した。

今作は、東野圭吾が描く「マスカレード」シリーズの実写化作品で、興行収入46.4億円の大ヒットを記録した「マスカレード・ホテル」(2019年)の続編。前作に引き続き、木村が破天荒な刑事・新田浩介役を演じ、長澤は新田の相棒となる真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美役を演じる。

◆木村拓哉&長澤まさみ、ホテルでのルーティンが一致

公開7日目で観客動員100万人、興行収入13.5億円を突破し、大ヒットとなった今作。イベント冒頭でお祝いのくす玉を割った木村と長澤は、それぞれ感想を求められると、木村は「嬉しいです。嬉しいですけど、リアルな金額はいらないかな。でも、先ほど公開1週間となった今日をもって100万人を突破してくれたらしく、それは非常に嬉しかったですし、劇場のすべての椅子に座れるという状況じゃないのに、1週間でたくさんの方が見てくださったというのを耳にすることができたので、本当に嬉しいです!」と喜び、公開7日間で100万人突破は、今年度公開の邦画実写映画の中で最速だそうで、長澤も「本当に嬉しいです。100万人のお客様が見てくれたということは、ちょっと実感がわかない数字だけれども、その中には何度も足を運んでくださった方もいるみたいなので、本当に嬉しいです。ありがとうございます」と感謝した。

イベントでは、SNSで募集した質問に2人が答えるという企画も行われ、『ホテル宿泊時、硬い枕と柔らかい枕のどちらを使いますか?』との質問に、木村は「割と柔らかいほうなのかな。で、硬いやつは邪魔になっちゃうので、硬いやつを膝のあたりに置いておいて、必要なときは(脚に)挟んで寝ています」と答え、長澤は「木村さんと同じです。柔らかいほうを使って、硬いほうを挟む!」と同調した。

◆木村拓哉、撮影中にNG その理由は?

また、タイトルにかけて『~し“ないと”落ち着かないもの』を聞かれると、回答に悩む木村に長澤が「リップクリーム。木村さんのリップクリームの塗り方、独特じゃないですか。あの塗り方じゃないと落ち着かないですよね」とイジると、木村は「僕はいつもあの塗り方ですけど、(質問の答えは)リップクリームではないですよ」とバッサリ。MCからどんな塗り方をするのか追求されると、長澤は「上下同時に塗るんです」と明かし、木村は「だって挟んだ状態で1・2で終わりじゃないですか。割と面倒くさがりなので」というと、長澤は「時短」とニヤリと微笑んだ。

改めて、同質問に木村は「今だったらマスクですかね。撮影していても本番中に外し忘れてNGを出したりして、結構多いんですよ」と明かすと、長澤は「沢村(一樹)さんもやってました」と暴露。そんな長澤は「木村さんにもらったマスクです。家で使ってますよ!マスカレード・ナイトのロゴがついたマスクを私は家用にしています」と打ち明けた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/23 20:27
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます