横浜FMが“指笛疑惑”で声明…監督は関与否定、映像解析やスタッフへの聞き取りも実施

拡大画像を見る

 横浜マリノス株式会社の黒澤良二代表取締役社長は23日、横浜F・マリノスのクラブ公式サイトを通じて声明を発表。笛系音が発せられた事による試合妨害行為についての経緯報告を行なった。

 9月18日に開催された明治安田生命J1リーグ第29節名古屋グランパス対横浜FM戦では、試合中に笛のような音が鳴り、両チームの選手がプレーを一時的に止める事象が発生。試合後のSNSなどでは、横浜FMケヴィン・マスカット監督の指笛が音の発生源なのではないかとの疑惑が浮上していた。

 横浜FMはマスカット監督に対し、本件に関してSNS上で話題になっていること、名古屋戦以外の試合においても同様な現象が確認されたことを伝えた上で、20日および21日の二度にわたって事実確認を実施。両日ともマスカット監督から、名古屋戦以外を含めて「該当する行為を行っていない」との回答を得たという。なお、同監督は21日の練習後に行われた定例監督合同取材の場でも同様の見解を示した。

 また、横浜FMは「これまでの期間内にて、可能な限り映像を取り寄せて、確認、解析を実施しましたが、当該行為を確認する事はできませんでした。さらに、ベンチ周辺のチーム内スタッフに聞き取りを行いましたが、笛の発生源の目撃者を確認する事はできませんでした」と報告している。

 横浜FMは今回の一件を重要な事象と受け止め、「今後行われる公式戦にて横浜F・マリノスベンチ及びその周辺の観察、確認」および「関係各所の協力を仰ぎ、本件の当該試合以外も含む事象検証、聞き取りの継続とJリーグへの報告」を引き続き行っていくという。また、「横浜F・マリノスは、反スポーツマンシップにつながる行為は許しません。私たちは、引き続きこの思いを持ち活動していきます」としている。

関連リンク

  • 9/23 19:08
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます