せっかくの縁を逃さないで!遠距離恋愛の片思いを叶える3つの方法♡

拡大画像を見る


最近ではSNSなどで出会う恋愛もあれば、マッチングアプリなどで運命の人を見つける人もいて、多種多様の出会い方があります。
素敵だな......と思った人が、もし今住んでいるところから遠くに住んでいても、すぐに諦められない人もいるのでは?
遠距離だから成就しないなんてもったいない!実際に遠距離でも片想いを成就に向かわせる、3つの方法をお伝えします。


毎日連絡を取る

近くに住んでいれば、仕事終わりなどに少しだけ会うこともできますよね。しかし、遠距離となるとしっかり時間を確保しなければならないため、距離を縮めにくいデメリットもあります。
デメリットを埋めるには、毎日連絡を取るのがおすすめ。
連絡を取っていると、相手の頭の中にあなたの存在を残すことができますし、「あの人何してるかな?」と考えさせることで、自然と気になる存在になっていきます。
「今何してるの?」と短文でもいいので、毎日連絡を取って、印象を残していきましょう。


とにかく聞き役に回る

一般的に、女性の方が話が好きで、男性は聞き役に回ることが多いと言われていますが、男性も愚痴や弱音を言いたいときもあります。
アドバイスなどは一切しないで、とにかく聞き役に回るのがポイント。ついアドバイスをしたくなりますが、聞き役に徹することで、「この子は俺のことを理解してくれるんだ」と、錯覚に陥ることがあるのです。
味方=何かあったら頼りにする存在として、連絡頻度もグッとあがります。


思い切ってデートに誘う

遠距離片想いと分かったときから、会いに行くにはどうしたらいいかな?断られたらどうしようと、不安でいっぱいになってしまいますよね。
遠距離でも近距離でも、まずは会いにいかなければライバルに取られてしまいます。
「連絡だけじゃなくて、もしよかったら会いませんか?」とシンプルにお誘いをしてみましょう。いい返事が来たら、具体的にどこで会うのか決めていくのがベスト。
いきなり「私が行きます!」と言ってしまうと、「来てもらうのは悪いからいいよ」と、断りやすい状態を作ってしまいます。断る理由もないから会ってみるかと思わせたら、大きなハードルはクリアです。


遠距離片想いを両想いに変えよう

遠距離だとつい遠慮してしまう恋愛でも、少しずつ距離を縮めていくことはできます。連絡をしたり、男性の話をとにかく聞いて理解者になることができれば、一気に距離も縮まって、デートに持っていきやすくなるでしょう。
距離は遠いだけで、素敵な人とのご縁を逃したくないですよね。
ぜひ連絡をたくさんとって、お互いのことを印象づけて、気になる存在にレベルアップしていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/23 18:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます