読書のために宿泊!本とホテルの可能性を広げる『読泊』プロジェクトが開始


本との出会い・人との出会いを届けるChapters bookstoreを運営するMISSION ROMANTICが、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツと業務提携を結び、互いの持つ“読書”と“宿泊”の体験価値を活かしながら、両者のサービス価値を向上・深化させていくプロジェクトを始動。

活動の第一弾として、読書のために宿泊する『読泊(どくはく)』を提案する企画をスタートした。

環境を変えることで本の世界に没頭


『読泊』は、読書のために宿泊することを意味する「読書」と「宿泊」を合わせた造語。

読書のために宿泊するという考え方はまだ定着していないが、“環境を変えることで本の世界に没頭する”“物語の舞台となる土地で本を開き、臨場感を味わう”など、読む空間によって読書の体験価値は大きく左右される。

また一人で楽しめる『読泊』は、コロナ禍における時間の過ごし方としてもおすすめだ。

Chapters会員限定の『読泊』プラン

10月3日(日)からは、協業第一弾として、Chapters書店の会員に限り、最安値で宿泊予約ができる「ランプライトブックスホテル」の公式サイトの料金から更に15%off+1h延長のレイトチェックアウトで宿泊予約が可能な「Chapters会員様限定読泊プラン」を販売する。


「ランプライトブックスホテル」は、“本の世界を旅するホテル。”がコンセプトの、読書のためのホテル。


ホテルの1Fには宿泊者以外も利用可能な24時間営業のブックストアとカフェが併設し、宿泊者には、ブックストアから好きな本を購入せずに客室に持ち込める「Books TO GO」のサービスを用意している。

現在札幌と名古屋の2拠点で展開中で、2021年内に3軒目となる福岡にもオープン予定だ。

土日祝日も利用可能!

「Chapters会員様限定読泊プラン」の利用は、土日祝日にかかわらずいつでも可能。予約・詳細は、Chapters会員のみアクセス可能なウェブサイトにて受け付ける。

ウェブサイトへのアクセスは、Chaptersに登録しているメールアドレスへ送られてくる定期メールにて、毎月1〜2回を目安に案内。初回は10月3日(日)の案内を予定している。

なお、割引プランは2022年2月末までの実施を予定。情勢によっては予告なく終了する場合もあるため、気になる人はお早めに。

画像をもっと見る

  • 9/23 17:41
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます