【凱旋門賞】現在1番人気のタルナワにはC.スミヨン騎手が騎乗

拡大画像を見る

 現地時間10月3日にフランスのロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(3歳上牡牝・G1・芝2400m)に出走予定のタルナワ(牝5、Tarnawa)にはC.スミヨン騎手が騎乗することをアイルランドの一般紙「アイリッシュ・タイムズ」が報じた。

 タルナワは父Shamardal、母Tarana、母の父Cape Crossという血統の愛国産馬。アイルランドのD.ウェルド調教師の管理馬。オーナーはアガ・カーン殿下。

 2018年7月にデビューした同馬は勝ち上がりこそ4戦目と遅くなったが、その後力をつけて昨年秋には破竹のG1・3連勝。この中には凱旋門賞と同じ舞台で行われるヴェルメイユ賞も含まれている。

 8月のバリーローンS(G3)で今年初戦を迎え、2着に6.1/2差の貫禄勝ち。続いて出走したアイリッシュチャンピオンS(G1)では、今年のフランス二冠馬セントマークスバシリカには敗れたものの、最後まで勝ち馬に食らいついた。

 今年のアイルランドでの2戦は地元のC.キーン騎手が務めていたが、フランスで行われる凱旋門賞では昨年仏G1・2勝をあげた際のパートナー、C.スミヨン騎手が手綱をとる。

 愛ブックメーカー「PaddyPower」は9月23日時点で、タルナワを3.5倍の1番人気に支持しており、凱旋門賞最有力の1頭と目されている。

関連リンク

  • 9/23 16:45
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます