金爆、RAD…バンドマンの不倫報道で浮上する“ガチ恋派のバンギャ”という存在

拡大画像を見る

◆人気バンドの不倫・浮気報道が続々

 人気ロックバンド「RADWIMPS」のギタリストである桑原彰(36)が元モデルの女性と不倫していたことが『文春オンライン』によって明らかとなった。また、ヴィジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」のヴォーカルである鬼龍院翔(37)が10年にわたって“二股交際”していた彼女の存在も文春砲により白日の下にさらされている。

 鬼龍院の場合はブログでの結婚発表から数日後だったこともあり、おめでたいムードから一転。落胆の声が広がるなか、「全く驚きません」とはバンギャ(バンドの追っかけをしているバンドギャルの略)の女性たち。

 不倫や浮気に対して厳しい世の中になったが、バンギャたちはこれらの報道をどう見るのか。

◆バンギャの女性からは驚きよりも「羨ましい」

「むしろ羨ましいくらい」と話してくれたのは、筋金入りのバンギャである麗華さん(31歳・仮名)だ。彼女は中学生の頃からヴィジュアル系バンドにハマり、メジャーからインディーズバンドまで幅広くライブに通っていたそうだ。

「相手の女性が元々ファンなのか、そもそもバンギャなのかも知りませんが、あんな有名バンドと……。バンドマンは収入が不安定だけど、あそこまでいけば安泰だと思うから、私も結婚したい」

 ひたすら「羨ましい」と繰り返す麗華さん。そんなバンギャにはいくつかの種類があるという。

◆バンドマンと出会うのは飲み会が手っ取り早い

「もちろん、純粋に音楽やライブが好きで通っている子が大半ということを前置きしたうえですが、その一方で、一部のバンギャのなかにはメンバーと個人的に繋がりたい“ガチ恋”タイプや、芸人で言うところの“カキタレ”(夜のお供をする)みたいなタイプもいます。『ヴィジュアル系バンドマンなら誰でもOK』みたいな」

 じつは麗華さん、このなかであえて自身のタイプを選ぶならカキタレタイプに属するとか。とはいえ、バンドのメンバーとどのように出会うのだろうか。

「ライブに通ってメンバーに覚えてもらって、ファンレターやSNSのDMから繋がろうとする人もいますが、手っ取り早いのはバンドマンがいる飲み会に参加することですね」

 彼女は「飲み会に参加」というが、ハードルが高そうな気もするが……。

「自分自身も芸能をかじっている子なら他の一般人のバンギャよりは繋がりやすい。ただ、基本的にはヴィジュアル系はネットに専用掲示板があるので、そこで情報を得るか、すでに飲み会に参加しているバンギャと知り合いになることですね。そこからは芋づる式で繋がっていきます(笑)

 ちなみに、ヴィジュアル系のバンドマンはとにかくモテる。一般的には知名度がない人でも『お金を払ってでもプライベートで会いたい!』、なんなら『関係を持ちたい』って子は多いんです。ファンというよりは“信者”に近い感じかも」

◆バンギャ同士のマウント、知名度の高いバンドマンと一夜を過ごせば…

 麗華さんは、実際に関係を持ったバンドマンの人数は2桁を超えるというが、その一夜を供にした相手のファンではなかったこともあるそうだ。

「好きなバンドマンならいちばんだけど、それよりも“知名度が高いバンドマン”と繋がれたり関係を持てたりしたら、鼻が高い(笑)。正直、タイプじゃなくても誘われたらついていっちゃうかも。たとえワンナイトだったとしても、相手の知名度次第でバンギャ内でマウントが取れるんです」

◆ガチ恋タイプが週刊誌にネタを売ろうとするケースも

 バンドマンの不倫や浮気報道に対して、バンギャ歴の長い別の女性・藍菜さん(仮名・30代)がこう話す。

「有名なバンドマンで、公表していないだけで、じつは結婚している人も少なくありません。それでも外でバンギャと遊ぶ人も多いし、それでも会ってくれたら別にいいかな。

 ただ、ガチ恋タイプのバンギャだったら大変かも。たとえば、長年にわたって個人的に貢いであげていたのに、いきなり結婚発表なんてされたら“週刊誌に売る”可能性もある。

 とはいえ、知名度が微妙な場合は買ってもらえない。友人のバンギャで週刊誌にネタを持ち込んだ子がいるけど、相手にされなかったみたいです(笑)」

◆10年の関係は純粋にすごい

 鬼龍院の二股交際については?

「キリショーほど有名なバンドマンなら、本来はバンギャを選び放題なはず。にもかかわらず、長期で縁を切られないというのは、よっぽど彼女は魅力がある人なのかもしれないですね。一般人でも恋愛関係が10年なんてなかなか続かないから純粋にすごい」

 そう語りながら彼女は「今日はいちばんのお気に入りの子と飲みなんです。見て、可愛いでしょ?」と、派手髪のバンドマンの写真を筆者に見せびらかすと、池袋の雑踏へ足早に消えていった。

<取材・文/吉沢さりぃ>

【吉沢さりぃ】
ライター兼底辺グラドルの二足のわらじ。近著に『最底辺グラドルの胸のうち』(イースト・プレス)がある。趣味は飲酒、箱根駅伝、少女漫画。『bizSPA!フレッシュ』『BLOGOS』などでも執筆。Twitter:@sally_y0720

関連リンク

  • 9/23 15:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます