この人、絶対女慣れしてる!警戒される初デートでの行動9パターン

初めてのデートでは、相手にガッカリされたくなくて、ついついカッコつけてしまうもの。とはいえ、あまりにスマートすぎると、よく思われるどころか、「女慣れしてそう…」と警戒されるハメになるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「初デートで『この人、絶対女慣れしてる!』と警戒される行動」をご紹介します。

【1】断りもなく「下の名前」で呼ぶ
「突然『○○ちゃん』と呼び始めて、『なにこの人』とギョッとした」(20代女性)というように、いきなり馴れ馴れしい呼び方をして、ひんしゅくを買うケースです。「下の名前で呼んでもいいかな?」と先にお伺いを立てれば、むしろ誠実な人だと思われるでしょう。

【2】会うなり、いきなりミニ花束を渡そうとする
「デートに花束を持ってくるなんて、キザっぽくてこっちが恥ずかしい!」(10代女性)というように、気を利かせて贈り物を用意するのも良し悪しのようです。なにかあげたいなら、前に話題に上った物や安価な実用品などのほうが、気取りがなくていいかもしれません。

【3】「そのネイルいいね」など、細かいところに気が付きすぎる
「メイクのこととかを言われると、いやに詳しいな?と不審に思う」(20代女性)というように、女性との接点が多くない限り知り得ない点に言及するのも、リスクを伴いそうです。初デートでは、漠然と「なんかいい香りするね」くらいに留めるのが無難かもしれません。

【4】「日本初上陸!」など、情報感度が高すぎる店に案内する
「話題のカフェとかをやたら知っていて、遊びまくってる感がすごかった…」(10代女性)というように、女性を喜ばせるために仕入れた情報が、必ずしも功を奏するとは限りません。大まかなプランは考えておいて、相手と相談しながら行き先を決めたほうが好印象でしょう。

【5】相手のためにイスを引くなど、過剰なエスコートをする
「ドアはささっと開けてくれて、段差では手を差し伸べられたけど、スマートすぎてなんか嫌!」(20代女性)というように、紳士然とした振る舞いは、度がすぎると逆効果かもしれません。気遣いは大切ですが、相手の反応がイマイチだと感じたら、状況に応じて加減しましょう。

【6】女性が席を外している間に会計を済ませる
「『女性にはいつもこうしておごってます』みたいな、ソツない感じが鼻につく」(20代女性)というように、相手に負担をかけまいと先回りすると、「デート慣れしてすぎ!」といぶかしく思われかねません。自分が払うつもりだとしても、独断で事を進めないほうがいいでしょう。

【7】「女の子ってこういうの好きだよね」とわかった風なことを言う
「『やっぱり夜景とか好き?』と聞かれて、思わず『やっぱりってなに!?』と反応を…」(10代女性)というように、一般論も気をつけて述べないと、あらぬ誤解を招きそうです。知識や経験を活かすのもいいですが、目の前の相手の心中を察するほうが大事でしょう。

【8】「なんでそんなにかわいいの?」など、歯の浮くようなセリフを連発する
「聞き心地のいい言葉ばかり聞かされると、『誰にでも同じこと言ってるな…』としらける」(20代女性)というように、相手を褒める際にも注意が必要でしょう。やたらと饒舌になるより、黙って見とれてみせるだけで、賞賛の気持ちが伝わる場合もありそうです。

【9】照れを一切見せずに、手を握ったり肩を抱いたりする
「なんの前触れもなく気安く触れてきたから、思わず振り払ってしまった」(10代女性)というように、自然な流れでスキンシップを求めた結果がアダとなるケースです。男性のドキドキが感じられるくらいのほうが、女性も安心できるのかもしれません。

気遣いがまるでないのは論外ですが、やりすぎても問題のようです。相手の反応をよく見ながら、その女性に合ったラインを探りましょう。(安藤美穂) 【調査概要】 期間:2014年6月3日から5日まで 対象:合計500名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/23 16:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます