名牝ウオッカの仔・タニノフランケルがレックススタッドに到着

拡大画像を見る

 5月21日付でJRAの競走馬登録を抹消したウオッカの仔・タニノフランケル(牡6、栗東・村山明厩舎)が、種牡馬生活を送る北海道日高郡新ひだか町のレックススタッドに22日、到着した。

 同馬は父Frankel、母ウオッカ、母の父タニノギムレットという血統。通算成績は26戦4勝。

【ウオッカフランケル会 谷岡康成さんのコメント】
「ウオッカの血を日本の血統の中に残していくことが、生産界としての役割だと思っています。
 
 今後は種馬として、この馬の能力に期待したいです。子供には、日本で育った母ウオッカの良いところを伝えていってほしいと思います」

(取材:山中博喜、構成:編集部)

関連リンク

  • 9/23 12:20
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます