【神戸新聞杯 血統データ分析】ディープインパクト優勢も馬券妙味のある種牡馬が多い

拡大画像を見る

 26日に中京競馬場で行われる神戸新聞杯(3歳・牡牝・GII・芝2200m)について血統・種牡馬別に検証していく。なお、今年も開催日割の変更に伴い中京芝2200mにて施行されるため、2020年以降の当該コース成績をデータの集計対象とした。

 ディープインパクト産駒は[6-5-2-35]。昨年の神戸新聞杯はコントレイルが1人気に応えて完勝するほか、同じく代替開催された21年京都新聞杯もレッドジェネシスが勝利。なお、その2頭においては芝2400mからの距離短縮で挑んでいたことも共通する。同産駒にはシャフリヤール、レッドジェネシスの2頭が該当。

 エピファネイア産駒は[5-1-2-10]。3勝クラス以上での好走例こそないものの、平場[2-1-1-5]複勝率44.4%・複勝回収率112%、特別[3-0-1-5]複勝率44.4%・複勝回収率122%と好走率・回収率ともに偏りのない優秀な成績を収めている。また、勝利した5頭のうち3頭が6・7人気の人気薄でもあるので、一発の魅力を秘めたタイプとも言えるだろう。同産駒からはシゲルソウサイが特別登録をしている。

 オルフェーヴル産駒は[3-3-1-10]。今回出走するメンバーの種牡馬のなかでエピファネイアに次ぐ勝率2位となり、単勝回収率も242%という数値を記録。年明けに代替開催された21年日経新春杯ではショウリュウイクゾが7人気の低評価を覆す走りで重賞初制覇を飾っている。同産駒にはイクスプロージョンが該当。

 ルーラーシップ産駒[4-7-2-28]。単勝回収率131%・複勝回収率125%とベタ買いでもプラス収支を記録しているように妙味を兼ね備えた好走例が多いことも特徴のひとつ。昨年の神戸新聞杯においても、14人気、単勝112.7倍のロバートソンキーが3着に入線していたことは記憶に新しい。今年はワンダフルタウンが出走を予定している。

関連リンク

  • 9/23 12:20
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます