『ピッチ・パーフェクト』がドラマシリーズに! アダム・ディヴァイン続投

拡大画像を見る

 大ヒット映画『ピッチ・パーフェクト』が、ドラマシリーズとして帰ってくることが明らかになった。オリジナル2作に出演したアダム・ディヴァインが同役でカムバックすると、Varietyが報じている。

 本作は、ミッキー・ラプキンの同名小説に着想を得て製作されたミュージカルコメディー映画。アナ・ケンドリックや、レベル・ウィルソン、アンナ・キャンプ、ブリタニー・スノウら演じる、女性アカペラグループ「バーデン・ベラーズ」の活躍が描かれる。第一弾が2012年に公開され、その後、続編の『ピッチ・パーフェクト2』(2015)、『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』(2017)が公開。3作合計で、6億ドル(約657億ドル)近い世界興行収入を獲得した。

 ドラマシリーズでは、映画から数年後が舞台となるそう。脚本をミーガン・アムラムが手掛け、製作総指揮も兼任する。アダムと、オリジナル3作に出演し、第2弾ではメガホンを取ったエリザベス・バンクスとともに、オリジナル3作の製作を手掛けたBrownstoneとGold Circleがエグゼクティブプロデューサーとして参加。NBCユニバーサルが制作を担当する。

 アダム演じるバンパーは、第一弾に男性アカペラグループ「トラブルメーカーズ」のリーダーとして、敵役で登場したキャラクター。第2弾では、レベル演じるファット・エイミーのロマンスの相手になった。

 アダムは『ピッチ・パーフェクト』シリーズの他、『ロマンティックじゃない?』や『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』等に出演。テレビドラマでは、『Workaholics(原題)』や『モダン・ファミリー』等で知られる。

関連リンク

  • 9/23 13:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます