古田新太 松坂桃李に「仲良くしてくれなくて」と嘆く

拡大画像を見る

 俳優・古田新太(55)が23日、都内で、主演映画「空白」の初日あいさつに、松坂桃李(32)、寺島しのぶ(48)らと登壇した。

 万引き未遂をきっかけに、交通事故死する女子中学生の父親を演じたヒューマンサスペンス。重たい役どころだが、1度目の緊急事態宣言前の昨年3~4月に撮影したとあって、「早く帰りたい人が多いので、なるべくNGを出さず滞りなく進んで。トゲトゲしいシーンばかりなので、反動で終わったらすぐに飲みに行きました」と明かした。

 松坂に対しては、「桃李があまり仲良くしてくれなくて」と嘆き気味。万引きを目撃して事故の原因となる店員役の松坂は「古田さんとのシーンはカロリーが高くて。飲みに行く気力が沸かず、疲弊しきってました」と釈明した。古田とは本格的な共演演技は初となり、「今回の関係性は、お芝居をしていると本当につらい気持ちになってくるんです。次はもっと仲の良い関係性でやりたいです」と“雪解け”を願っていた。

関連リンク

  • 9/23 14:21
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます