田中圭、“オシャレ大臣”懸命アピールも中谷美紀に完敗「わかってました」<総理の夫>

【モデルプレス=2021/09/23】映画『総理の夫』公開初日舞台挨拶が23日、都内で行われ、W主演を務める田中圭、中谷美紀をはじめ、貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、河合勇人監督が登壇した。

今作の内容にちなんで、ポストに当てはまる人物についてトークを展開。“オシャレ大臣”に話が及ぶと、田中がスーツのポケットに手を入れてアピール。貫地谷は「すごいアピールしてくるんですけど」と笑いながら、中谷を指名。「大階段を降りてくるところがすさまじく美しくて、私『写真撮ってください』と言って写真を撮ってもらいました。家族に速攻で送らせてもらって、とても喜んでいました」と中谷の美貌を絶賛。

これに中谷は「照明さんが美しく神々しく見せるのにとても苦労されたようです」とスタッフの力であったと謙遜。田中も「すごかったよね!」と貫地谷に同調しながら、「大階段でみんなで降りてくるんですけど、すぐわかると思います。『綺麗~』って」と観客へアピール。

続けて工藤の番になると、田中はアクリル板に手をかけながらキメ顔でまたもアピール。工藤は「ひとり先輩がすごいこちらにアピールしていますけど」と前置きしたうえで、貫地谷同様に中谷を指名。「僕も大階段から降りられた時に『うわぁ、綺麗…』って。本当に大袈裟ではなくて。僕もすぐ母親に電話して『あんなに綺麗な人いる?』って」と中谷の美しさにため息が出た様子で、中谷のファンであるという母に連絡したことを報告し、「その日は工藤家が盛り上がりました」と明かした。

最後の松井も、田中のアピールを避けながら中谷を指名し「お美しいですし、綺麗ですし、本当に『この人について行きたい!』と思います」とコメント。見事に中谷に“完敗”した田中だったが、「いや、でもわかってましたから!全然驚かないです。正直ショックもないです」と返して笑わせた。

◆田中圭&中谷美紀W主演「総理の夫」

今作は、山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞作家である原田マハの25万部超えのベストセラー小説「総理の夫 First Gentleman」が原作。日本初の女性総理とその夫・ファーストジェントルマンの誕生という未だかつてない世界を描く物語。

田中は大財閥生まれの世間知らずなお坊ちゃんにして鳥オタクのファーストジェントルマン、中谷は才色兼備&完全無欠なカリスマ女性総理を演じる。

最後に中谷は、「すべての女性を応援する映画になっています。ぜひ楽しんで大いに笑っていただいて、少しほっこりした気持ちになってご自宅にお帰りになっていただけたら」と呼びかけ。田中は「観終わった後に前向きになれるような作品になったと自信を持ってお届けできる」と手応えを感じつつ、「女性の社会進出は当たり前になってきているので違和感はなかったのですが、取材をしている時に自分も甘かったなと感じたのが、出産・育児と両立することの難しさを改めて思わされました。もっと少しでもできることがあるんじゃないかなと考える良いきっかけになったので、こういうエンタメから社会が良くなっていくリアルな一歩目になっていくこともあると思う。みなさんにもそう思っていただけると嬉しいです」と伝えた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/23 13:55
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます