北村教授 政府計画の実証実験に「何のためか分からない」モーニングショーで

拡大画像を見る

 北村義浩日本医大特任教授が23日、テレビ朝日「羽鳥慎一 モーニングショー」に出演。政府が計画している、ワクチン接種証明などを活用した行動制限に向けた実証実験について「何のための実験か、よく分からない」と疑問視した。

 番組では実証実験について特集。それによれば、来月中の2、3週間程度、全国10カ所程度の指定地区で飲食店、コンサートホール、ライブハウスが対象。利用者のワクチン証明や陰性証明を確認し、ワクチン接種の有無で飲食店内の利用エリア分けをするなどの試みを実施する。感染リスクが高まるか、チェック体制が十分か、営業や運営に支障をきたさないかなどを検証するという。

 北村教授は「この3つを調べるだけなら、実証実験はいらないですよね。ワクチンを承認した時点で効果が高いことは分かっている。ちゃんとワクチンパスポートや72時間以内の陰性証明が発行できるかの方が、実証するべきで、今回の実証実験はなんのためにやるのか、よく分からないですね」と話した。

関連リンク

  • 9/23 13:26
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます