ベンゼマ、ラ・リーガ通算200ゴール達成! レアル史上4人目の快挙

拡大画像を見る

 レアル・マドリードに所属するFWカリム・ベンゼマが、ラ・リーガ通算200ゴールに到達した。22日、クラブ公式サイトが伝えている。

 ベンゼマは22日に行われたラ・リーガ第6節のマジョルカ戦で2得点を記録。6-1での快勝に貢献した。レアル・マドリードのクラブ公式サイトによると、同選手はこの試合の2得点でラ・リーガ通算200ゴールに到達。これはクリスティアーノ・ロナウド(312ゴール)、ラウール(228ゴール)、ディ・ステファノ(216ゴール)に続き、レアル・マドリード史上4人目の快挙になったという。

 今シーズンは開幕からの6試合で8ゴール7アシストを記録しているベンゼマについてカルロ・アンチェロッティ監督は「今のカリムは間違いなく絶好調だ」と称賛。「8ゴールを決めたことを考えると、彼がチームの中でとても良いプレーをしていることを忘れてしまうかもしれない。しかし、彼は後ろに下がって、他の選手にアシストもしている。彼はゴールを決めるだけではなく、全ての面で完璧だ」と賛辞を送った。

関連リンク

  • 9/23 13:29
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます