蛙亭のロマンチック結成秘話「吉本じゃなかったら…」

拡大画像を見る

お笑いコンビの結成秘話を原案にして、「ラブコメ」や「SF」など本格的に作り込んだ「勝手にドラマ」を制作してしまう新感覚バラエティ『ペアキュン!』(読売テレビ・日本テレビ系)が、9月23日(木)23時59分から放送。蛙亭(中野周平、イワクラ)、ミキ(昴生、亜生)の結成秘話が“勝手にドラマ”化される。

MCには山里亮太(南海キャンディーズ)を迎え、「勝手にドラマ」を批評する審査員としては伊集院光、鈴木福、山本舞香が出演。そして、「勝手にドラマ」では、芸人たちを2.5 次元の舞台などで活躍する若手俳優陣が演じる。

1週目となる16日の放送では錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆)、鬼越トマホーク(坂井良多、金ちゃん)の結成秘話を原案に、衝撃の展開を繰り広げる本格ドラマが展開された。そして、今回「いま旬コンビ対決」という事で蛙亭とミキが登場し、2組のコンビ結成秘話を“勝手にドラマ”化。

1組目は人気急上昇中の男女コンビ・蛙亭。吉本興業の大阪NSC時代に「相方探しの会」で出会ったという2人。それぞれへの取材VTRから、人見知り同士のちょっぴり恋愛にも似たロマンチックな結成秘話が明かされていく。2人の距離が近づいていく中で、「吉本じゃなかったら人力舎で出会っていたかも……」というまさかのエピソードも飛び出す。

そんな蛙亭の結成秘話をもとに制作された「勝手にドラマ」のタイトルは『食べて出会って恋をして』。北村諒、中村樹里の2人の若手俳優が王道のラブコメを繰り広げていく。序盤からBGMにテイラー・スウィフトの楽曲が流れると、世界観にぐっと引き込まれた山里は「もうテイラー・スウィフトが流れたら終わりよ……」とこぼす。蛙亭の結成秘話は果たしてどんな王道ラブコメになるのか?

そして、2組目は若くして人気・実力を兼ね備えた兄弟漫才コンビ・ミキ。こちらも2人への徹底取材が行われ、「兄を慕う弟」と「弟を守る兄」の微笑ましい兄弟コンビならではのほっこりエピソードが次々と披露される。結成に至るまで二度にわたり弟・亜生から兄・昴生に涙ながらの電話がかけられていた事も明らかに……。そんな結成秘話を原案にして紡ぎだされた「勝手にドラマ」のタイトルは『兄弟の呪縛』。なんと、2人の心温まるエピソードが再構成された結果、まさかの本格ホラー作品に大変身!? 演じるのは永田崇人と健人の若手俳優。あまりに本格的な作りに、スタジオでは悲鳴が止まらない!?

関連リンク

  • 9/23 13:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます