散歩中に柴犬が脱走…! 通りすがりの男性がとった行動に「素晴らしい!」

拡大画像を見る

漫画家の、まんきつ(@kitsukomz)さんは、愛犬の散歩中に経験したエピソードをTwitterに投稿。

散歩中の恐怖体験について描き、犬を飼っている人に向けて「みなさんも注意してください」と呼びかけました。

犬の散歩中に『犬ドリル』でリードが外れてしまい…!?

ある日、一緒に暮らしている柴犬の散歩をしていたという、まんきつさん。

そんな中、思いもよらぬ事故が発生します。なんと、犬が顔や首をブルブルさせる『犬ドリル』をした瞬間、リードが外れてしまったのです。

犬が脱走し、行方不明になったり、交通事故に遭ったりするケースは少なくありません。リードが外れた瞬間、まんきつさんは生きた心地がしなかったことでしょう。

そこに現れたのは、通りすがりの見知らぬ男性。犬の扱いに慣れているのでしょうか…彼は柴犬を正面から抱き留め、確保してくれたのです!

まんきつさんの場合は、偶然出会った男性のおかげで最悪の事態を防ぐことはできました。しかし、このまま犬が脱走してしまう可能性も十分にあります。

犬の飼い主であれば誰もがゾッとするエピソードに、多くの人からコメントが寄せられました。

・本当に無事でよかった…!そして男性の行動は素晴らしい!

・自分も作者さんと同じ経験がある。犬は無事だったけど泣きそうになった…。

・どちらの立場にもなったことがあります。このケースは本当に怖い。

散歩中にリードの金具が外れてしまう事故は、ほかにも多くの飼い主が経験しているようです。

対策としてはロック付きの金具や、2本のリードをつなぐダブルリード、胴体に固定するハーネスの導入が挙げられます。もちろん、それらも100%安全というわけではないので注意が必要です。

散歩は犬にとって幸せな時間である一方で、たくさんの危険が潜んでいます。大切な家族のためにも、犬と暮らしている人はいま一度安全確認をしてみてはいかがでしょうか。

[文・構成/grape編集部]

出典 @kitsukomz

関連リンク

  • 9/23 12:27
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます