アセンシオ、ハットトリック達成に万感の思い「この瞬間のために…」

拡大画像を見る

 レアル・マドリードのスペイン代表MFマルコ・アセンシオが、22日に行われたラ・リーガ第6節マジョルカ戦を振り返った。23日付でスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ラ・リーガ第5節でバレンシアとの首位決戦を制したレアル・マドリードは、22日に行われた第6節でマジョルカと対戦した。レアル・マドリードは、1点リードで迎えた24分にMFアセンシオのゴールで追加点。直後に失点を許したものの、29分に再びアセンシオのゴールでリードを広げた。さらに、55分にもアセンシオがゴールを決めてハットトリック達成。その後、2点を加えた“白い巨人”は“サンティアゴ・ベルナベウ”で6-1と快勝し、リーグ戦4連勝を飾った。

 ハットトリックを達成したアセンシオは「とても嬉しくて、嬉しくて、これをいかさなければならない。この瞬間のために頑張ってきた」と喜びを爆発。また「僕にとって特別な試合。(選手として)成長させてもらった、マジョルカに愛情を持っている」と下部組織時代から8年間在籍したマジョルカに思いを馳せた。

 さらに、熾烈なポジション争いについてアセンシオは「監督に頼りにされているし、僕は準備ができている。今日のポジションは自分に合っていた。監督に言われたところでプレーする」と意気込みを語った。

関連リンク

  • 9/23 12:43
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます