中谷美紀、ドイツ人夫との出会い告白「ドラマみたい」と驚きの声 夫婦別姓についても明かす

【モデルプレス=2021/09/23】女優の中谷美紀が、22日放送のフジテレビ系バラエティー番組『TOKIOカケル』(毎週水曜よる11時~)に出演。3年前に国際結婚した夫との出会いを明かした。

◆中谷美紀、ドイツ人夫との出会いを告白

2018年にドイツ人ヴィオラ奏者のティロ・フェヒナーさんと国際結婚した中谷には、国分太一から「どこで出会ったの?」という質問が。

夫が日本に公演で来ていた際に偶然知り合ったという中谷。初めて会ったのは、中谷が1人で食事をするために行ったしゃぶしゃぶ店で、夫の第一印象は「ロシアのマフィアかな」というものだったそう。

「そこで声かけられる旦那さんもすごくないですか?多分一目惚れですよ」と国分が驚くと、中谷は「夫はそういう所で声かけるタイプじゃないんです。(声をかけたのは)お友達。聞き慣れない言葉を話していたので『何語ですか?』って聞いたら『(オーストリアの)ザルツブルグから来たんです』って」と夫を含む3人グループとの最初の会話を回顧。

中谷は、「死ぬまでに一度ザルツブルグで音楽を聴くのが夢だった」そうで、「それを言ったら『1人なんだったらよかったらどうぞ』って言われて…」と夫のグループと同席したこと、さらに「私の携帯電話が鳴ってしまって、『ごめんなさい』って謝ったら会話が始まったみたいな感じで…」と偶然携帯電話がなったことがきっかけだったことも告白。「電話が鳴ってなかったら結婚してないの?そんなドラマみたいなことあるの?」と松岡昌宏を驚かせた。

◆中谷美紀、結婚式を挙げなかった理由は?夫婦別姓についても明かす

そして、結婚式が話題にのぼると、中谷は「結婚式を挙げていないんです」と明かし、「(結婚するシーンが多かったので)ウエディングドレスとか白無垢に対する憧れがなくなっちゃいます。あと、お友達もあちらこちらに散らばってるので、全員集めようと思ったらとんでもないことに…」と理由を説明。

また、「カタカナの名前が付くのが自分ではしっくりこなかったんですね。名前を守りたいなと思いまして、外国人配偶者の特例で夫婦別姓を選べたので、じゃあ選んじゃおって思って」と夫の理解のもと夫婦別姓を選んでいることも明かした。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/23 10:55
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます