100均の進化が止まらない! 新しい「泡立て器」が優秀すぎて争奪戦勃発中って知ってた?

拡大画像を見る

 フライ返し、おたま、トングなど、頻繁に使う調理器具の中でも、特に扱いが面倒くさいのが「泡立て器」。あの独特な形状は洗うのが大変で、収納の際も限られた収納スペースをだいぶ使ってしますよね。

 使う度にストレスを感じつつ、「泡立て器とはそういうものだ」と諦めていましたが、ついに、そんな長年の悩みを解決してくれる泡立て器が発売されました! しかもそれを作ったのは100円ショップだというから驚きです。

 泡立て器にストレスを感じていた人は想像以上に多かったようで、発売と同時に即品切れ状態のものも…… 。今回は特におすすめしたい3商品をご紹介します。

考えた人天才! 悩みとストレスを一発解決「ステンレス泡立て器」

 こちらの珍しい形の調理器具は、『ダイソー』から発売されて大きな話題となった、新しすぎる泡立て器「ステンレス泡立て器」。SNSでバズったこともあり、どの店舗でも品切れが続いている超人気商品です。

 それにしても、私たちが知っている泡立て器とはずいぶん形が違います。筆者も最初は「本当に混ぜられるの?」と不安でしたが、心配ご無用。結論から先に述べると、驚くほど優秀な泡立て器です。

 先端にボールがついたステンレス棒が窮屈そうに身を寄せ合っていますが、持ち手部分と棒部分を両手で持って軽く引っ張ると、このように棒がブワッと広がります。

 早速使ってみましょう。今回は、使い心地を試すためにあえて混ぜにくい、ちょっとねっとりしたパンケーキ生地を用意。パンケーキミックスと牛乳、たまごボウルに入れ、通常の泡立て器と同じように動かしてみると……。

 使う前の不安がウソのように、しっかり混ざります。サイズの問題なのか、形の影響なのか、むしろいつも使っている泡立て器よりもよく混ざりました。

 さらに感動したのは、洗う時。一本一本がセパレートしているので、とにかく洗いやすいんです。使わない時はコンパクトに畳んでおけるので、必要なスペースも普段の1/4以下! 引っかけるためのフープがついていて、吊るす収納も可能です。

 これまでの泡立て器の悩みやストレスを一挙に解決してくれる優秀アイディア商品で、一度使うと、もう以前の泡立て器には戻れません。

2大かさばる調理器具をひとつに!「泡立て器(開閉式)」

 こちらも同じく『ダイソー』の人気商品で、「泡立て器+トング」の2WAY調理器具。この2つは特にかさばるので、それがひとつになってくれるのはありがたいですよね。

 秘密は柄の上部分にある、このスイッチ。

 スイッチが下がっていると、泡立て器として使え、スイッチを上げると本体が開いてトングに早変わりします。

 パスタを茹でる時、サラダを取り分けるときなどに活躍するだけではなく、洗うときにトングモードにすることで、とっても洗いやすくなります。

 泡立て器としての使い心地は、小ぶりなので生クリーム作りやメレンゲ作りにはあまり向いていませんが、通常の料理には全くもって問題ありませんでした。

小さいだけでこんなに差が出る「スモール泡立て器」

 上記2つのアイディア商品と違い、こちらはただ単純にサイズを小さくしただけですが、実際のところ、これがめちゃくちゃ使えるんです。筆者は『seria』で買いましたが、基本的にどの100円ショップでも売っています。

 ドレッシングを作る時、たまご焼きを作る時、合わせ調味料を混ぜ合わせる時……。普段料理をしていて「ちょっと混ぜたい時」ってよくありませんか? そんなときに大活躍してくれます。

 よくよく思い返してみると、通常サイズの泡立て器はお菓子作りが趣味でもない限り意外と出番は少なく、いざ必要な場面でも「こんなに大きくなくていいんだけど……」と思うことがよくあります。

 実際に使ってみて気づいたのですが、このミニサイズの泡立て器の方が必要なタイミングが多い! 菜箸で混ぜるより断然早く、そしてムラなく混ざるので時短になり、コンパクトサイズで収納場所も取りません。小さいだけでこんなに便利だなんて盲点でした!

 ここ数年、ものすごい勢いで進化していく100均のキッチングッズ。安いだけではなく、私たちの悩みを解決してくれるアイディア商品がたくさん出ています。料理中のそのストレスや悩み、もしかしたら100円で解決できるかも!?

(撮影・文◎佐々木 舞)

関連リンク

  • 9/23 10:51
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます