観月ありさが船越英一郎を“公開処刑”!顔の大きさがこんなに違うなんて…

拡大画像を見る

 女優の観月ありさが俳優の船越英一郎と撮った並び写真に驚きの声が上がっている。顔の大きさが違いすぎると評判だ。

 写真が公開されたのは9月13日の観月ありさのインスタグラム。2人は9月29日放送のドラマ「家栽の人」(テレビ朝日系)で共演。ドラマを告知するために2人の並び写真を公開したようだ。観月は白のシャツに黒のコート、船越はスーツ姿。お互いに手を相手に差し出すポーズをしている。

「船越の顔は観月の1.5倍はありそう。男女の違いはありますが、ここまで大きさが異なるとは思いませんでした。2人はカメラからほぼ同じ距離に立っていますが、写真を見ると船越がかなり手前に、観月がずっと奥のほうに立っているように見えます。まるでだまし絵を見ているかのような、奇妙な感覚を覚えました」(芸能ライター)

 もっとも、観月は「9頭身美女」と言われるバツグンのスタイルの持ち主。その観月と顔の大きさを比べるのは酷というもの。船越に同情の声が上がっている。

「観月はこの投稿の前に森田健作との並び写真を9月4日に公開しています。この時も『顔の大きさが違いすぎる』と話題になりました。やはり“公開処刑”の原因は観月のずば抜けた顔の小ささにあると考えていいと思います」(前出・芸能ライター)

 男性タレントは、観月ありさとの並びショットを撮る時に十分注意するべきだろう。

関連リンク

  • 9/23 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます