三好康児が今季リーグ戦初ゴール! アントワープ、ヘンクに逆転勝利

拡大画像を見る

 ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)第5節延期分が22日に行われ、MF三好康児が所属するアントワープとFW伊東純也が所属するヘンクが対戦した。三好は先発出場し、77分までプレー。伊東はフル出場を果たした。

 試合は13分、右サイドでパスを受けた伊東が折り返すと、ポール・オヌアチュが決めてヘンクが先制した。しかし、ホームのアントワープは27分にリッチー・デ・ラエトのゴールで同点に追いつくと、37分にビルヘル・フェルストラーテの直接FK弾で逆転に成功した。

 すると、41分にはフェルストラーテのミドルシュートをGKがセーブしたところに三好が反応。一度GKがボールに触ったものの、これがゴール前へとこぼれ、三好が左足で蹴り込み追加点をマーク。三好はこれが今季リーグ戦初ゴールで、公式戦では3ゴール目となった。

 試合はその後両者1点ずつを奪い合い、4-2でアントワープが勝利を収めた。リーグ戦3連勝のアントワープは暫定3位に浮上。一方、敗れたヘンクは暫定5位となっている。

【スコア】
アントワープ 4-2 ヘンク

【得点者】
0-1 13分 ポール・オヌアチュ(ヘンク)
1-1 27分 リッチー・デ・ラエト(アントワープ)
2-1 37分 ビルヘル・フェルストラーテ(アントワープ)
3-1 41分 三好康児(アントワープ)
4-1 69分 ミヒャエル・フライ(アントワープ)
4-2 80分 ポール・オヌアチュ(ヘンク)

関連リンク

  • 9/23 10:02
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます