河野太郎は「ほぼ野党」高市早苗は「右翼の星」、ロンブー敦番組でのやらかし… 自民党総裁選を地獄絵図に導く2人とは?

拡大画像を見る

 地獄のような総裁選だ。菅義偉首相が不人気すぎて、クビをすげ替えるしかなくなった自民党。総裁選の結果は次の首相だけでなく、11月衆院総選挙の「顔」になる。立候補したのは河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4名。下馬評では河野氏が人気を集めるが、国民投票ではない以上、必ずしも人気通りの結果にはならない。スポーツ紙政治担当記者の話。

「野田さんが直前で推薦人を集めて立候補したことで、票がさらに割れる。河野陣営は1回目の投票であわよくば過半数と考えていたが、まず無理だろう。となると、得票数の上位2人で決選投票となる。野田さんは”かませ犬”なので無視するとして、河野VS高市or岸田になる。こうなると”毛色が近い”高市陣営と岸田陣営が結託する可能性が高い。つまり決選投票は河野VS高市+岸田に。これだと河野さんは厳しい」

 その上で同記者は「最後に勝つのはうしろから”操りやすい”岸田」と予言する。

 このように、総裁選は政策議論もロクに行わず、派閥原理によって動く。人気の河野氏は国民人気は高いが、党内では若手議員からの支持は集めるものの”重鎮”からの評価はイマイチ。

「保守を謳っていますが、思想としては“左”寄り。野党にいてもおかしくありません。後見人は菅首相。そこに総裁選出馬を取りやめた石破茂氏、知名度抜群の小泉進次郎氏が後方支援している」(同)

 対する岸田、高市氏は保守本流。とりわけ高市氏はテレビ朝日の玉川徹氏が番組でうっかり「右翼」と形容するなど、安倍晋三前首相の”教え”を踏襲している。

「右翼どころか極右(笑)。安倍前首相の『アベノミクス』まで引き継いで『サナエノミクス』とやった時にはズッコケました。仮に日本初の女性首相になった場合、女性重視の政策を打ち出すのでは?と期待する人も多いですが、ゴリゴリの”男性主義”ですので要注意です。スネに傷がありまくりなので、総裁選に勝ったらボロボロ出てくるでしょう」(永田町関係者)

 支持者同士のバトルも熱い。18日に行われた自民党総裁選の候補者討論会(日本記者クラブ主催)では、河野氏に質問が集中し、高市氏の存在感がかすんだため、ネトウヨが「不公平だ」「こんな討論会やめろ!」と大荒れ。ついにはボスの安倍氏までもがツイッターで「昨日の討論会に於ける、高市早苗候補の冷静で的確な応答振りを賞賛する声が多数寄せられています。彼女の外交安全保障に於ける見識を示されたら困るのか、彼女をスルーする見識無き質問者まで出る始末(笑)」と援護射撃した。

 しかしそのネトウヨもロンブー田村淳がパーソナリティーを務める文化放送「田村淳のNewsCLUB」の公式ツイッターが「あなたが期待している総裁選候補者」アンケートを取ったところ…高市氏がぶっちぎり「90.1%」を獲得してしまった。

「いくらなんでも9割超えはやりすぎ(笑)。ネトウヨの組織票としか考えられません。ちなみに河野氏は5.1%、岸田氏は2.7%、野田氏は2%でした」(スポーツ紙記者)

 このように総裁選は国民そっちのけで「右か左か」「キングメーカーは菅か安倍か」で繰り広げられている。こんな調子では日本が沈む日もそう遠くはないだろう。

  • 9/22 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます