NHK主演ドラマが『鬼滅の刃・無限列車』で爆死確定?「ついてなさすぎる男」亀梨和也の異常な不運過去

拡大画像を見る

「いくらなんでも不幸すぎる」

 そんな嘆きの声がKAT-TUN・亀梨和也(35)のファンから聞こえてきそうな事態が起きた。亀梨は9月25日21時に主演連続ドラマ『正義の天秤』(NHK)の第1話がスタートするが、同日同時刻にフジテレビで『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が地上波初かつノーカットで放送されるのだ。

「フジテレビは25日の『無限列車編』を見据えて『竈門炭治郎 立志編 特別編集版』と題した『鬼滅の刃』第1シーズンの総集編企画を9月11日土曜日・12日日曜日・18日土曜日・19日日曜日・祝日23日木曜日の全5回で放送します。第一夜の視聴率は、なんと世帯13.3%、コアが10.5%。翌12日放送の第二夜が世帯13.4%、コア11.7%という、とんでもない数字を叩き出したんです」(アニメライター)

 初回だけでも圧倒的な数字だったが、18日の第三夜と19日の第四夜は、さらにえげつない数字だったという。

「世帯視聴率は第三夜が14.4%、第四夜が14.7%。これだけでも素晴らしい数字ですが、驚異的なのがコア視聴率です。第三夜が11.9%で第四夜が12.6%。そもそも2ケタを超えることが珍しいコア視聴率ですが、前週より上がってるんです。

 18日第三夜の裏番組となった結果、『世界一受けたい授業2時間SP』(日本テレビ系)と『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日系)といった、本来は子ども受けがいいはずの番組でさえ、コア視聴率では4.1%と4.0%。『鬼滅』の三分の一という無残な結果になりました。もうフジの刃になで斬りにされている状態ですね(笑)」(前同)

 現在、テレビ各局で求められている13歳から49歳までのコア視聴率は、フジテレビだけでなく、他局を通じても2ケタを超えることも珍しい。12日の20時にはウッチャンナンチャン・内村光良(57)MCの大人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)も放送されていたが、こちらはコア視聴率が6.8%と、この番組にしてはやや低調。

 これについては、『イッテQ』の視聴率を支えている小学生やその親が、『鬼滅』に流れてしまったことが理由だと思われる。

「完全新作だという次回予告編など新規のパートもありますが、『竈門炭治郎 立志編 特別編集版』は事実上の総集編の再放送にすぎないのに、この視聴率です。

 いよいよ25日に放送される『無限列車編』は、今年8月時点で日本国内では約403.2億円の歴代最高の興行収入を記録し、日本歴代興行収入第1位に輝いた作品。

 テレビ放送での視聴率がどれほどになるのか想像もできませんが、そんな映画を相手に亀梨の主演ドラマは挑むことになる。ついてないですよね。ただ、思えば、亀梨にはどこか運が悪い部分があるんですよね……」(前同)

■15周年記念アルバムが発売中止に

 不運の亀梨を物語る最たる例が、山下智久(36)とのユニット『修二と彰』と『亀と山P』の末路だろう。

「05年に放送していた『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)で、亀梨と山下は劇中キャラの名にちなんだアイドルデュオ“修二と彰”を結成。2人が歌った主題歌『青春アミーゴ』はミリオンセラーのヒット作となり、その後17年にはドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)で、2人は『野ブタ』以来12年振りの共演を果たし、『亀と山P』として主題歌を担当。ファンの間では、“奇跡の再共演”とも言われていました。

 そして、2019年の『ジャニーズカウントダウンライブ』で、修二と彰の15周年記念としてドームツアーと初のオリジナルアルバムの発売が発表されたんですが、コロナ禍でドームツアーが中止になったうえ、昨年12月26日にはアルバムの発売中止が決定。理由は公表されていませんが、ファンの間では、山下の退所にあたってゴタゴタがあったからでは、と言われています」(女性誌記者)

 山下と亀梨は、20年8月7日付の『文春オンライン』で、未成年の女子高生モデルを含む複数人で飲み会をしたことが報じられた。2人は相手が未成年とは知らず、飲酒の有無も把握していなかったこともあり、飲み会だけで帰った亀梨は厳重注意で済んだが、山下は17歳の女子高生モデル・Aさんとホテルで一夜を共にしたことが報じられ、8月17日に芸能活動の自粛が通達。その後、山下は活動自粛中に海外作品のオファーを受けて事務所に退所の希望を伝え、10月末で“本人の意向を尊重し、双方合意の上で契約を終了”して、ジャニーズ事務所を退所。この強引な辞め方ゆえに、ニューアルバムの発売も露と消え、巻き添えを食らった亀梨のファンは当時激怒していた。

■そもそもグループが…

「肉体面だと、亀梨は17年にドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)のアクロバティックなシーンの撮影中に左手を骨折するケガをしてしまったことがあります。

 ちなみにこのドラマは“殺人事件で母親を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ男(亀梨)の復讐劇”というシナリオですが、これに限らず亀梨は妖怪人間とし迫害を受け続けるベム(『妖怪人間ベム』/日本テレビ系)、3年前に婚約者を殺害された特別捜査官の伏見響(『レッドアイズ 監視捜査班/日本テレビ系』)、事故物件に住んで何度も命の危機が訪れる山野ヤマメ(映画『事故物件 恐い間取り』)などなど、実は不幸な役に定評があります」(専門誌記者)

 しかし、「もっともツイてない」とファンが思っているのはKAT-TUNの現状では、という声もある。

「KAT-TUNは01年に亀梨、上田竜也(37)、中丸雄一(38)、赤西仁(37)、田中聖(35)、田口淳之介(35)の6人でデビューしました。ジャニーズでは珍しい“ワイルド”“ギラギラ感”を押し出していたんですが、結成当初からメンバー個々の個性と我が強かった結果、10年に赤西、13年に田中、16年に田口が脱退。

 特に田中の退所は、素行の悪さから“度重なるルール違反行為があった”と、事実上のクビでしたからね。グループでのあまりの脱退ぶりに、昨年8月3日には『しゃべくり007~今年の24時間テレビ・メインパーソナリティー全員参戦SP~』(日本テレビ系)でくりぃむしちゅーの上田晋也に“(最初9人だったのが3人になってしまった)NEWSと(6人中3人辞めた)KAT-TUNの『もう無い』は信じないことにしてる”と言われてしまう始末でしたね……」(前同)

 9月25日に放送されるNHKドラマ『正義の天秤』は、外科医から転職して弁護士になった異色の弁護士が、名門の法律事務所で様々な冤罪を解決していく、亀梨にとって初のNHKドラマ。

《元医者の弁護士、なかなかレアなキャラクターですが、原作からいただく人物像と、監督はじめ、スタッフ、キャストの皆さんと作り上げていく、少し(?)特徴的なドラマならではのキャラクター像を楽しみ、ワクワクしながら、主人公の鷹野が抱える核を大切に作りあげていければと思っています》

 と意気込みを語る亀梨だが、はたして『鬼滅』との勝負の結果はどうなるのかーー。

関連リンク

  • 9/23 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます