【ネタバレ】朝ドラ みーちゃんの「亮くん」呼びにネット騒然「何があった?」

拡大画像を見る

 23日、ツイッターの検索ワードランキング「リアルタイム検索」で、「亮くん」が上がった。

 この日、放送されたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土、前8・00、土曜は1週間の振り返り)で、主人公・モネこと百音(清原果耶)の妹、みーちゃんこと未知(蒔田彩珠(あじゅ、18)が、百音の幼なじみ、King&Princeの永瀬廉演じる亮を呼んだ際の呼称だ。

 悪天候で壊れた牡蠣棚の修理のために、モネの同級生らが集結。翌朝、モネの家の茶の間で、帰宅方法を話し合っている中で、みーちゃんは亮を「亮くんは?」と当たり前のように聞き、亮も当然のこととして会話を続けた。

 これまでは「りょーちん」と呼んでいたが、モネの前で、モネも使用しない“「くん」づけ”。ツイッター上では「突然の亮くん呼び!」「亮くんって呼んだ?」と驚く声が殺到。2人の関係、とっと変わってるよね」「マジで3年間の間に何があったん?」『距離が近づいたってことですか」「他の人と同じ呼び方じゃ嫌ということですか」と関係性の変化に着目する声や「亮くんが頭にこびりついて離れないので、今日は仕事ができないです」とショックを受ける書き込みもあった。

関連リンク

  • 9/23 9:43
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます