ダウンタウンがまさかのTikTokに登場!約40年前「イケメンすぎ2ショット」公開

拡大画像を見る

 10月2日、午後2時から8時間にわたって生放送されるTBSの大型特番『お笑いの日2021』が、9月8に公式TikTokアカウントを開設。多くの出演者らが動画を投稿しているが、なんと総合MCのダウンタウンも9月21日に登場。他の動画を圧倒する64万8100ハートマーク(高評価)を記録した。

「ダウンタウンが登場した動画は2本。1本目は浜田雅功(58)と松本人志(57)が左手で電車のつり革を掴むような姿勢で左右に揺れている姿を“ズームレンズ”という○がメガネのように2つ並んだ部分がズームアップされるエフェクトで加工した動画。こちらは25万5100ハートマークでしたが、2本目に登場した写真が、そこに表れた2人の関係性から、64万超えの圧倒的な高評価を得たんです」(専門誌記者)

『お笑いの日』アカウントでは《#卒アルお父さん ならぬ #ビフォアフ芸人》と題して、これまで出演者のかまいたちやどぶろっく、ハリウッドザコシショウ(47)らが「昔から○○だったんだぜ」という風な一文を添え、若手時代や、幼少期の写真を投稿する企画を行っていたが、これにダウンタウンも《俺たち、昔から仲良しなんだぜ》と添えて参加。

《どの時代の2人もカッコよすぎて泣けます》《ダウンタウンしか勝たん!》《この(若いころの)松本人志の今までのお笑いを舐め切った天才感がたまらない》《もはや熟年夫婦》と大反響だった。

■カリスマのオーラが漂う約40年前の写真

「動画の冒頭で、浜田がいい笑顔で松本と腕を組んでいるのに対して松本がダルそうに付き合って仏頂面をしている現在の写真がすでにいいんですが、2人がサッとポーズを変えると、まったく同じ構図の約40年前のデビュー当時の写真に切り替わる。人懐っこい笑顔の浜田と、鋭い目線をカメラに向ける20代前半の2人は、現代の基準で見ても非常にイケメンで、なおかつ現在の2人に通じる“カリスマ”のオーラが出ています」(前同)

 TikTokは10代を中心に流行し始めたプラットフォームで、上の年代の支持が得られていなかった18年当時に『ワイドナショー』(フジテレビ系)で挑戦した際は、

「結局、バリエーションがないから、ゲッツとかカトちゃんペッをやってしもた。……これ面白いか。面白さがわかんねえ。面白さがわからんな」

 と話していた松本だったが、時代の流れについていく姿勢はさすがの一言。

 10月2日放送の『笑いの日』で、ダウンタウンの2人がどんな活躍をしてくれるのか。楽しみでならないーー。

関連リンク

  • 9/23 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます