TBS『#家族募集します』ジャニーズWEST重岡大毅がチグハグ感を見事に解消、最終回にV字回復を実現した温かな“愛され感”

拡大画像を見る

 ジャニーズWESTの重岡大毅(29)が主演するドラマ『#家族募集します』(TBS系)が9月24日、ついに最終回を迎える。

 正直、途中どうなるかと不安だったが、なんだかんだと泣かされて、最終的に家族について考えさせられるドラマだった。世代が違う橋本じゅん(57)の登場で、一気に物語に深みが増した。

 さて、最終回は倒れた銀治(石橋蓮司/80)の家族の問題と向き合うことになる。銀治の家族を取り持ちたいが、それは同時に、銀治の家族が「にじや」に戻ってくること。さあ、俊平たちの決断は……。

 最終回が楽しみだが、とにかくここまでドラマを引っ張ってきた、主演の重岡大毅の演技を素直に称賛したい。視聴率も途中5%前後に低迷したが、この日の放送では7.8%(ビデオリサーチ調べ/関東地区/世帯平均)と、しっかり元に戻してきた。

 すべてをスタイリッシュにこなす正統派のヒーローではないが、リアルな愛され感が終始あった。ストーリー的には「ハッシュタグ」というイマドキのツールと、大人数家族、木造のお好み焼き屋という昭和のイメージが混在し、チグハグに思えるところもあった。それをアリにしたのは、重岡の持つその「愛され感」である。

■重岡大毅は今後、必ず重宝される

 かわいいぬいぐるみのような見た目と、少し甲高い声。正直、セクシーとは言えない。が、たまらなく温かく、「俊平」をひたすら応援したくなったのだ。

 笑顔はもちろんだが、泣き顔が破壊的に良い。私を恐怖に陥れた『知らなくていいコト』(日本テレビ系)の野中もよく泣いていたが、同一人物とは思えない美しい涙……。重岡は今後も主役であれバイプレイヤーであれ、群像劇で重宝されるだろう。彼がいるとその空間にグッと現実味が増すし、対峙する人を輝かせる。

 恋愛より友情感が強く出るのも貴重。今回のドラマでは木村文乃(33)と山本美月(30)、2人の相手役がいたが、漂うのは、恋の予感よりもコタツに入ったような安心感。ロマンチックは少なめだが、十分キュンキュンさせてくれた重岡。最終回も、彼のひまわりのような笑顔が輝くハッピーエンドであってほしい。(田中稲)

■保育園ロケで披露した重岡大毅のすごすぎるピアノ演奏

 なんと独学でピアノを習得したという重岡大毅。子役たちもかなりなついているそうだ。

※動画は『#家族募集します』公式イスタグラムアカウント「@kazokuboshuushimasu_tbs」より

関連リンク

  • 9/23 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます