斎藤工・白石麻衣のテレビ朝日ドラマ『漂着者』伏線乱発しすぎ、視聴者大混乱の最終回はまさかの「解決せず」パターンか?

拡大画像を見る

 斎藤工(40)主演のドラマ『漂着者』(テレビ朝日系)の第8話が9月17日に放送され、これまで混沌としていた数々の伏線がさらなる謎を呼び、最終回に向けて視聴者を大いにザワつかせているようだ。

 同ドラマは、新潟県の浦野海岸に全裸の男・ヘミングウェイ(斎藤工)が漂着しているのを、女子高生3人組が発見することから始まる物語。企画・原作・脚本は、19年放送の話題作『あなたの番です』(日本テレビ系)でも企画・原案を手掛けた、秋元康(63)が担当している。

 これまで、ヘミングウェイは予知能力などの第六感の遺伝子を持っていることが匂わされ、その研究に関係する学者らが謎の死を遂げた。これには謎のNPO法人『しあわせの鐘の家』の主宰者・ローゼン(野間口徹/47)が関係しているらしい。

 さらに、ヘミングウェイは連続女児失踪事件を解明するイラストを描いたことで、世間から注目され、新聞記者の詠美(白石麻衣/29)と関わることに。また、学者の謎の死と女児連続失踪事件を追う、新潟県警の刑事の柴田(生瀬勝久/60)は、娘が12年前に行方不明になっている。

 多くの伏線が未回収のまま、最終回を目前に控えた第8話では、捜査一課長・佐々木文雄(岩谷健司/51)の娘・一恵の失踪事件について、ヘミングウェイは朱鷺が羽を広げたイラストを描く。彼のイラストを手に調査していた詠美は、朱鷺にそっくりな鳥が描かれた、和菓子店『嘴屋』の看板を発見する。

 詠美は引き寄せられるように店に入り、買い物をしていると2階から少女の悲鳴が聞こえる。彼女の連絡を受け、新潟県警の野間健太(戸塚純貴/29)が『嘴屋』の情報を照会すると、長男・関川進(阿部亮平/41)は女児の体操着や水着や靴、ランドセルばかりを盗んで逮捕歴があったことが判明して……という展開。

■覚えていられないほどの伏線の数々

 進は第2話で遺体で発見された少女・市川妙子殺害容疑で逮捕されるが、柴田は彼が連続女児失踪事件の模倣犯だと判断。そして、「シリアルキラーは目と鼻の先にいるかもしれない」と、『嘴屋』からまんじゅうを仕入れていた、雲行寺の住職・深見龍之介(リリー・フランキー/57)に迫る。深見は過去に不起訴になったものの、女児失踪事件の容疑者だったのだ。

 ドラマの序盤で大きく取り上げられていた、連続女児失踪事件が再び動き出したが、ヘミングウェイの正体についても同時に進行。ローゼンが「第六感の遺伝子を持つ人間だけが住むという常世島から、この国が滅びそうになったとき、預言者は海を渡ってくる」と明かし、その預言者がヘミングウェイだと語ったのだ。

 また、某国から密入国した工作員も動き始め、爆弾テロを仕掛けようとしている。東京の街にテロの警報が鳴り響く中、総理大臣代理の藤沼(峯村リエ/57)は「未来は変えられない。でも未来は選べるんだ」と訴え、頼りにしようとしたヘミングウェイは泣きながらイラストを描いていた。

 さらに、ドラマのラストでは、詠美の目の前で柴田が、昭和の都市伝説・口裂け女のようなメイクをした、進の母・ふみ(根岸季衣/67)に刺されてしまうという衝撃の展開。多くの視聴者を恐怖のどん底に陥れ、続く最終回の予告動画では「ラスト5秒ですべての真実が明かされる」と、伏線の完全回収が匂わされた。

 書き出すのも面倒なほどの伏線の数だが、ここで未回収の伏線を整理すると、ヘミングウェイの出自と詠美との恋の行方、14人の使徒の覚醒、連続女児失踪事件の犯人、テロリストの脅威などが大筋で、ほかにも細かいネタが随所に散りばめられている。その中でも、多くの視聴者が気になっているのが、女子高生3人組だろう。

■伏線の中に遊びもあり?

 第7話に続いて今回もヘミングウェイは視聴者に代わるように、3人に「キミたちって怪しいよね。女子高生って無理があるよね。本当は何歳?」と問いかけ、「誰に頼まれて浦野海岸で僕を見つけたの?」と追求。さらに、ペリがいなくなり、モルが突然あらわれたことも問い詰めた。

 ラペによると「ペリは親が厳しく、勉強のために来られない」らしいが、ヘミングウェイに「しゃべり方、無理して女子高生風にしてる感じ」とツッコまれると、3人は困ったような表情を浮かべる。何かしら秘密があるようだが、BGMがコミカルな音楽のため、視聴者を意識した秋元康の“遊び”の可能性もあるだろう。

 また、前回、柴田の「いま流行りの伏線回収しないサスペンスドラマだったら、おまえか俺が犯人かも知れねぇぞ」という言葉に対し、野間が「オレっすか?」と応じ、柴田に「うれしそうな顔をしている」とツッコまれたことから、野間が陰謀に関係していると考察する人も少なくない。

 しかし、以上の伏線を予告通り「ラスト5秒」ですべて回収することは難しいだろう。そのため、「来週1回で終わるの? 伏線全部は回収しない感じ? 続きはネットでとか、映画化じゃないと無理じゃない?」などと、消化不良で終わってしまい、ネットドラマや映画につなげるはずと疑う声も。

 ないとは思うが、同ドラマが柴田の言葉通り、「伏線回収しないサスペンスドラマ」で終わる可能性もゼロではない。そうなったら面白いが、同時に視聴者からは多くのブーイングがあがりそうだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 9/23 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます