「報われない」りょーちん、永瀬廉は何位!? 女子が選ぶ『おかえりモネ』推しイケメントップ3【ランキング】

拡大画像を見る

 放送終了まで残り1か月半を切ったNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』。清原果耶演じる宮城県気仙沼出身のヒロインの永浦百音が気象予報士として成長し、ふるさとに貢献する道を探す姿を描くストーリー。9月22日放送の第93話では、故郷の気仙沼市で発生した竜巻により祖父のカキ棚が被害に遭い、東京で働く百音が大急ぎで帰郷。今後、恋人との関係がどうなるのか、百音がどんな決意をしていくのかに注目が集まっている。

 ドラマの面白さはもちろんだが、『おかえりモネ』ではヒロインの周囲に多くのイケメンが出演している。毎朝、ドラマ放送後は、『おかえりモネ』関連のワード、出演俳優の名前がツイッターのトレンドにランクインしている。そこで今回は10~30代の女性100人に「『おかえりモネ』の推しイケメン」について聞いてみた。

 第3位(24.0%)は、西島秀俊。

『おかえりモネ』で、気象キャスターの朝岡覚役を演じている西島。朝岡は有名な気象キャスターで、ヒロインの百音に天気予報の魅力や奥深さを教え、気象の世界に飛び込むきっかけを与えた人物。気象予報士を目指して上京した百音は、朝岡が所属する気象情報会社「ウェザーエキスパーツ」に勤務。その後、朝岡はスポーツ気象に専念するため、気象キャスターを降板し、中継キャスターとして百音を指名した。

 西島を選んだ人からは、「包容力があって優しそう。面白いところもありそうで素敵」(17歳/女性/学生・フリーター)、「落ちついた雰囲気が好き」(37歳/女性/営業・販売)、「男っぽさがあふれている。渋くて声もいい」(32歳/女性/営業・販売)、「大人の男性のかっこよさがある」(35歳/女性/主婦)などの理由が挙がった。

 第2位(27.0%)は、坂口健太郎。

 宮城県登米市で隔週勤務し、登米と東京を往復する若手医師の菅波光太朗役を演じている坂口。堅物で理屈っぽいが性根は優しく、百音に想いを寄せるもなかなか気持ちを伝えられない不器用な一面もある。現在は、お互いの気持ちを知って百音と恋人関係となり、結婚の話をしようという矢先に百音が帰郷することになってしまった。菅波先生のファンは多いようで、Twitterにはたびたび「俺たちの菅波」というハッシュタグがトレンド入りしている。これまでも多くのドラマで人気の坂口、10月スタートの清野菜名主演ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)でも、ヒロインの相手役を務める。

■「報われないのを応援したい」トップは?

 そんな坂口には「菅波先生とモネの恋路を見守っています。うじうじしつつも、結ばれてからは結構グイッとリードしてくれているところがいい」(23歳/女性)、「爽やか系でかっこいい」(17歳/女性/学生・フリーター)、「クールそうだけど、さりげない優しさもありそうなところ。陰ながら見守っている感じがいい」(34歳/女性)、「塩顔が大好き。白衣が好みだから」(23歳/女性/学生・フリーター)、「優しい笑顔がとても素敵。主人公と気持ちが通じ合っているところが素敵」(31歳/女性/デザイン関係)、「今の年齢になって魅力が増したと思う。とにかくかっこいい」(39歳/女性/総務・人事・事務)など、称賛の声が続いた。

 そして第1位(29.0%)は、永瀬廉。

 King&Princeのメンバーで、『おかえりモネ』で朝ドラ初出演。百音の幼なじみで、高校卒業後漁師となった日に焼けた爽やかなルックスの“りょーちん”こと及川亮役を演じている。坂井真紀演じる母の美波が東日本大震災で行方が分からず、そのため浅野忠信演じる父、新次が酒に溺れるなど苦労が多く、悲しみや寂しさ抱えている。その演技力の高さも話題になり、今回のドラマで初めて永瀬を知り、人気アイドルグループの一員だということも知ったという人は多い。来年は主演映画『真夜中乙女戦争』の公開も予定されているなど、今後ますますファンを増やしそうだ。

 永瀬には「葛藤を抱えながら現実を受け入れて頑張っているところ。報われないのが逆に応援したくなる」(28歳/女性/金融関係)、「元気な姿が見たいと思わされる」(34歳/女性)と役に重ねて見ている人や、「とにかく顔がかっこよくて、爽やか!」(38歳/女性/主婦)、「ちょっと中性的で、完璧な顔立ちだから」(26歳/女性/主婦)、「人気アイドルとしても活躍している。もともと大好きです」(22歳/女性/学生・フリーター)、「ジャニーズが好きだから。切れ長の目元がとても素敵」(14歳/女性/学生・フリーター)などの魅力を挙げる人がほとんどだった。

 ドラマはいよいよクライマックス! イケメンたちの活躍もあわせ、最後まで楽しもう。

関連リンク

  • 9/23 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます