【オールカマー展望】秋のビッグレースに向けた前哨戦、好走の条件とは

拡大画像を見る

 勝ち馬に天皇賞(秋)の優先出走権が与えられる一戦だが、ここをステップにして天皇賞を勝ったのは、86年以降だと18年のレイデオロだけであり繋がりは薄い。むしろ、天皇賞より後のエリザベス女王杯やジャパンC、有馬記念を目指す馬たちの叩き台として重要度が高い。

1.休み明けの馬が中心

 新潟開催だった14年を除く過去9年で、勝ち馬はいずれも中10週以上での参戦だった。2着も13年のメイショウナルト以外は中10週以上だった。夏競馬から臨戦してくる馬は苦戦。

2.4歳馬が特に強い

 新潟開催だった14年を除く過去9年で、4歳馬は[3-4-4-11]で複勝率50.0%、5歳馬は[5-3-4-29]で複勝率29.3%、6歳馬は[1-2-0-19]で複勝率13.6%、7歳以上馬は[0-0-1-29]で複勝率3.3%。

3.上がりが要求される

 コースが改修された15年以降、オールカマー勝ち馬の平均上がり3ハロンタイムは34秒2なのに対し、冬に同舞台で行われるAJCCは、不良馬場だった今年を除外しても35秒1。秋の中山は野芝のみを使用したコースで行われるため基本的にスピード勝負になり、速い上がりが要求される。

 ウインマリリンはこれまでフローラSと日経賞で重賞2勝。日経賞は上がり3ハロン34秒7で押し切っているので、今回ある程度上がりが要求されることになっても対応できるだろう。久々がどうかだが、中間の調教では終いまでしっかり動けており状態は良さそうだ。

関連リンク

  • 9/23 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます