ずっと新婚生活みたい♡同棲がマンネリしない【恥じらい】の法則って?

拡大画像を見る


同棲を始めたばかりの頃は、ドキドキばかりで、お風呂に入るときも恥ずかしかったり、恥じらいがあることが多いですよね。
ところが、同棲に慣れてくると恥じらいがなくなって、オープンになってしまうこともしばしば......。
オープンになりすぎてしまうと、同棲がマンネリしてしまう、【恥じらいがなくなる】状態になってしまいがち。
新婚生活みたいな同棲が続く、恥じらいの法則をお伝えします。


着替えるときは隠しながら♡

同棲生活に慣れてくると、着替えるときはちょっとくらい裸を見られてもいいか!と、恥じらいがなくなってしまうこともしばしば......。いい意味で慣れている関係ですが、やはり男性としてはちょっとくらい恥じらってくれた方が、キュンとしやすいのだそう。
もし同棲生活になれてきたとしても、着替えるときは隠しながらがおすすめ。隠しながら着替えると、彼もちょっかいを出したくなって、スキンシップのきっかけになるのだとか。


お風呂も別々を提案してみる

同棲が始まると、お風呂に一緒に入ることもあるでしょう。光熱費の節約になったり、2人でゆっくりする時間が増えたり。さらにはイチャイチャすることもあるのでは?
いつも一緒にお風呂に入っていると、恥じらいがなくなりがち。たまには、「今日はちょっとお風呂は別々に入らない?」と提案してみるのもおすすめ。
「え?急にどうしたの?」と、彼を驚かせることもできますし、恥ずかしいから......♡なんて言われたら、どうにかして一緒にお風呂に入ってもらおうと頑張るのだとか。


おならもできれば避けたい

おならなど生理現象でどうにもならないときは仕方ないですが、音を立てないようにしたり、ちょっと我慢してみるのも、恥じらいの1つ。
彼のいないトイレでするなど、ちょっとだけ工夫するだけで、恥じらいを忘れにくくなるのです。
同棲生活が長くなると、体調が悪くなって、ついおならをしてしまったということもあるでしょう。
避けられないとき以外は、恥じらっていく意識をもつだけで、女性としてみてもらうことが増えていきますよ。


同棲生活がマンネリしない恥じらいが大切!

馴れ合いの関係になってくると、どうしてもオープンに接したり、恥ずかしがることが少なくなってきますよね。もちろん気を遣わないことはいいことですが、中には恥ずかしがってほしいと思っている男性もいるのが事実。
恥じらいを持つだけで、彼から愛され度が増すなら、今すぐ恥じらいの行動を試してみたくなりませんか?今すぐできそう!と前向きになっているのではないでしょうか。
ぜひ同棲生活がマンネリしない恥じらいを身に着けて、彼の心をキュンとさせちゃいましょう!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/23 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます