知ってるだけでドヤ顔できる!住宅街に潜む、隠れ家カウンター3選

各駅停車駅らしい、のんびりとした街並みが広がる「祐天寺」。

数こそ多くはないが、少数精鋭といわんばかりに、個性が光る美食店が閑静な住宅街に潜んでいる。

背伸びせずに、素の自分に戻ってほっとできる、心地いい空間とグルメをご紹介!

▶前回:感度が高いグルメがそろう「代官山」の、知る人ぞ知るカウンター4選!



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


祐天寺は小洒落た飲食店が数多くあるわけではないが、奥まった路地にひっそり佇む“隠れ家的名店”がいくつかある。

駅から多少離れていても足を運びたくなる店が多いのが、祐天寺エリアの特徴だ。

1.陽気なバル風の空間で、上質なラム肉を堪能できる幸せ 『Lamb CHAN(ラムチャン)』


『Lamb CHAN』は鮮度抜群のラム肉を味わえる、羊肉専門店。オーストラリアからチルドで空輸するラム肉は、臭みが少なく苦手な人でも食べられると評判だ。

大きな植物やドライフラワーが空間をお洒落に彩り、ワインバルのようなカウンターが居心地よく寛げる。


しゃぶしゃぶ、パテカン、麻婆茄子など和洋中の羊肉料理を、ナチュラルワインと一緒に堪能できる。

こちらは柔らかな肉質で歯切れがよい「ラムチョップグリル」900円。


鮮度が命の「羊肉のタタキ」1,100円は、生のもも肉の濃厚な旨みを楽しめる。

羊肉と好相性のナチュラルワインも充実しているので、ぜひチェックしてみてほしい。グラスは900円~だ。

2.洒落た空間で提供するのは、スパイス香る新感覚の中華 『レカマヤジフ』


『レカマヤジフ』は生胡椒専門店が運営する、一軒家レストラン。

昼はカレー、夜は厳選したスパイスや生胡椒を使ったスパイス中華のコースを提供している。

珍しい台湾野菜や発酵技術を用いつつ、カウンター前に並ぶ独特のスパイスを使って仕上げる新感覚の中華が、デートを盛り上げること間違いなし!

柑橘の風味とえぐみが斬新な、〆の「馬告キーマカレー」もお楽しみ。「山椒ソニック」など自家製カクテルも絶品だ。


レモングラスのソースが爽やかな「尾長鯛とパプリカ」。


数種類のスパイスが香る「馬告キーマカレー」など、スパイスやハーブを用いた逸品を提供する。各4,500円のコースより。

まるでパリにいる気分!住宅街に佇む、本格派ビストロ

3.住宅街にひっそり佇む本格派ビストロで、パリ気分に浸る 『クレモンティーヌ・ビス』


グルノーブルのドアや、タイル張りの床が彩る店内にフランスのラジオが流れ、まるでパリのビストロにいる気分に。

魚はシェフ自ら豊洲で仕入れ、野菜や果物も生産者の顔が分かるものを厳選。

気分が華やぐ美しい盛り付けと、奇をてらわないシンプルな味わいの料理に心が満たされる。

カウンターでマダムが提案するフランス産ワイン(グラス 950円~)を合わせて楽しみたい。


グリーンで統一した、目にも爽やかな前菜は「昆布〆したマゴチのマリネ有機ズッキーニとグリーントマトのカルパッチョ」。


メインの「ブレス産若鶏のフリカッセ」は、鶏と相性のいいキノコをクリームで和えている。各7,590円のコースより。



店舗数こそ多くないけれど、住宅街には隠れた名店が潜んでいる祐天寺エリア。

デートの道中、店を探し歩く時間もきっと楽しいはずだ。ぜひ、大切な人と隠れ家カウンターで食事を楽しんでみてほしい。


▶このほか:六本木で大人が高揚する新しき中華体験!熱気が満ちるカウンターは美食の劇場だ!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/23 5:01
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます