デートの店選びがイマイチな年下彼氏。見かねた34歳女は、スマホの画面に“あるモノ”を表示させ…

ようやく付き合えた彼から、別れを切り出されてしまった女たち。

「私は別れたくないのに、どうして…?」

彼氏に夢中になる女のなかには、自らの行動で関係を壊してしまう“恋愛クラッシャー”が存在する。

では彼女たちの何が原因で、この恋はクラッシュしてしまったのだろうか?

▶前回:付き合いだしてから、たった2ヶ月で「この子ナイかも…」と思われてしまった、女の行為

今回の悩める女子:佐久間詩織(34歳・化粧品会社勤務)


「章大くんってさ、本当に詩織のこと好きだよね」

同期とのランチタイム。話題は、社内恋愛中である私のことばかりだ。章大とは社内報の取材で知り合い、付き合い始めて4ヶ月ほどになる。

営業成績が良くて社交的。そのうえ180cmの長身で塩顔イケメン。そんな噂を以前から耳にしていた私は、彼に取材できる日を楽しみにしていた。

けれど実際に会ってみた章大は、想像とちょっと違っていたのだ。

「お疲れさまです、広報部の佐久間です。今日はよろしくお願いします」

「あ、はい…。し、志賀です、営業部の」

― なんだかボソボソ喋る人だな。この人が営業部のエースなの?

緊張しているのか、不安げで落ち着きもない。取材中の受け答えもチグハグだった。それが、私の目には頼りなく映ったのだ。

手元にある、まとまりのない取材原稿に頭を抱え、なんとかして書きあげるまでに丸2日。章大が広報部にやってきたのは、そのあとだった。

「佐久間さん、もし良かったら…。一緒にお昼休憩、行きませんか?」

こんなふうにして、彼は頻繁に私のことを誘ってくるようになったのだ。

最初の頃は、絶対に会話が弾まないだろうと思っていた。けれど親しくなればよく話すし、悪い人ではなさそうだと感じた。

その後「付き合って欲しい」と告白された私は、一度返事を保留にするも、OKと答えたのだった。

はじめは「どこか頼りない…」と感じる彼だったが?

クラッシュしてしまった行動は1or2どっち? Action1「いつもと違う店に行きたいと、ちょっとしたワガママを言った」


「ねえ、営業部の志賀さんから告白されちゃったよ~」

「もちろん付き合うことにしたんだよね?年下の彼氏か、いいなあ!…バレないようにだけ、気をつけてね」

― え、そんな感じ?断ろうかと思ってたんだけど。

いつものランチタイム。同期に恋愛相談をすると、思いがけず肯定的な言葉をかけられ、すっかり拍子抜けしてしまった。

というのも、章大は私より7つも下なのだ。これまでは年上で、何かとリードしてくれる人と付き合うことが多かったし、年下は恋愛対象外。

それに社内恋愛だなんて。もしバレて、噂でもされたら居心地が悪い。

…そう考えていたのだけど、章大から改めて真剣に告白されてしまい、気持ちが変わった。こうして私は、彼と付き合うことになったのだ。

それからの章大は、デートプランを練るのに苦戦しながらも、頑張ってくれているのが伝わってきた。

「この前のお店、どうだった?詩織さんが好きな感じだったらいいんだけど」

「うん!食事も美味しかったし、落ち着いた雰囲気で気に入ったよ。また行こうね!」

年下だし、ちょっと物足りなさを感じるところもある彼。だけど気づけば、付き合い始めた頃よりずっと好きになっていた。

― 自分が追いかけるよりも、追いかけてきてくれる人と付き合うほうが幸せなのかもしれない。

ただ、そのせいで私は少し傲慢になっていた。

付き合い始めて2ヶ月が経つ頃。章大の“ある発言”にイラッとした私は、こう言ってしまったのだ。

「実は、お店探すのとかプレッシャーだったんだ。詩織さん、これまでもいろんな店に行ったことがあるだろうし…。でも、お気に入りが何軒かできたから、もういいよね」

― えっ。もういいって、どういう意味?

実を言うと、ここ最近のデートにはマンネリ化を感じていた。何というか、新鮮味がなくてダラけている。

「私、たまには普段と違うお店に行きたいな。これじゃあ、もう私とのデートのために頑張らないって言われてるみたいで、あんまりいい気分じゃないよ」

すると、章大は自分の言葉の意味を考え直したのか、ハッとしてひたすら謝るのだった。

自分勝手かもしれないけれど、私のことが好きな章大だからこれくらいきっと許してくれるはず。

そう思っていたのだ。

Action2「過去に元カレと行った店の写真を、うっかり見せてしまった」


次のデートは、白金にある焼肉店。なかなかお店を決められない章大に代わって、私が提案したのだ。

「今度は焼肉にしない?ここは前に行ったことがあるんだけど、すごく美味しかったんだよね」

「うん、そうしよう!…それって、同期の人たちと行ったの?」

― マズい、ここって元カレと行ったんだ。

得意げに見せた写真には、元カレの手元が見切れて写っている。

章大からの質問に、正直に答えようかと迷ったけれど「もう昔のことだから忘れた」と、あいまいに濁して様子を見る。

幸いにも、彼は細かいことを気にしないタイプのようだ。

それからも、私のスマホに入っているレストランの写真を「ここ、いいね」と言いながらチェックしていた。なかには男友達が写っているものもあったけれど、気にする素振りもない。

「もうすぐ付き合い始めて3ヶ月だから、特別な場所で食事したいね!また行ってみたい店とかある?」

だから私も、遠慮なく意見を言ったのだ。…それなのに。

この頃から、章大の反応が悪くなってきた気がする。せっかくの3ヶ月記念デートも「急な仕事が入ったから」と言って、延期になったままだ。

同じ会社だから顔を合わせることはあるけれど、この1週間はLINEだって既読スルーされている。

― 私、何かしちゃった?社内で会えたら、ちゃんと話をしよう。

すると、その日の終業後。いきなり章大が押しかけて来て、こんなことを言い放ったのだ。

「詩織さんには、僕よりもいい人がいると思う。別れよう」

― はい?いい人って誰のこと?

突然の別れ話。しかも真意がわからない言い分に、呆然として次の言葉が出てこなかった。

Action1と2、章大はどちらが嫌だったのか…?

志賀章大(27歳・化粧品会社勤務)の答え


「志賀!午後に社内報の取材が入ってるから、佐久間さんのところに行ってこい」

上司にそう言われると、先輩や同期が一斉に集まってきた。

「彼女、メチャクチャ美人で有名なんだよ!いいなあ、志賀」

営業部のメンバーにそう言われ、ドキドキしながら広報部へ向かった。するとそこには、僕のタイプど真ん中な女性がいたのだ。

僕は挨拶がどもってしまうくらい、緊張した。…いや。あまりにもタイプだったから、そのあとの取材もグダグダになり、格好悪い姿を見せてしまったくらいだ。

それでも、これを機に彼女と近づきたかった僕は、粘り強く食事に誘い続けた。告白も、2度目でやっとOKしてもらえたのだ。

こうして無事に付き合うことができたけれど「彼女を誰かに取られるんじゃないか…」と不安に思うことはたくさんあった。

だから彼女の好きそうな店をリサーチして、詩織さんを喜ばせられるように努力したのだ。

その甲斐あって、2人の距離はだんだん縮まったように思う。そんな空気を感じた僕は安心して、つい口をすべらせてしまった。

「実は、お店探すのとかプレッシャーだったんだ。詩織さん、これまでもいろんな店に行ったことがあるだろうし…。でも、お気に入りが何軒かできたから、もういいよね」

悪気はなかった。むしろ「2人の関係が落ち着いてきたよね」というニュアンスで言ったつもりだったのだ。

だから彼女に怒られたときには、なんとかして挽回しなくては…と、本気で反省したのだった。


それからというもの。店選びに苦戦する僕を見かねて、詩織さんからも“行ってみたい店”を提案してくれるようになった。

そんな気遣いが、僕は嬉しかったのだ。

しかし。あるとき、見てはいけないものを目にしてしまった。彼女が見せてくれた焼肉店の写真に、男の手元が写り込んでいたのだ。

― もしかして、元カレか?

そこで、思い切って「会社の同期と行ったのか」と聞いてみたが、はぐらかされた。

一度ごまかされると、逆に聞きにくくなるのはどうしてだろう。ただ、ここでやきもちを焼いたり、怒ったりするのはみっともない。

問いただしたい気持ちをなんとかこらえた僕だが、内心では気になって仕方がなかった。

しかも、その焼肉店は見るからに高級で気後れしてしまう。彼女は、いつもこういう店で食事していたのだろうかと、胸の内がざわつく。

そんなことに気づいていない様子の詩織さんは、次々に“他の男の気配”がある写真を見せてくる。彼女は一体、何を考えているのかとイライラしてしまった。

詩織さんの元カレは、どんな人だったのか。あの焼肉店には誰と行ったのか。考えれば考えるほど、モヤモヤが募る。

― こんなことばっかり考えて、ツラい…。とにかく今日は、彼女の顏だけでも見に行こう。

しばらく距離を置いて冷静になろうと、LINEも控えていた僕は、昼休みに広報部へと向かった。するとそこには、イケメン社員と楽しそうに話す詩織さんの姿があったのだ。

その光景にショックを受けた僕は、仕事終わりに彼女を呼び出して、こう言ってしまった。

「詩織さんには、僕よりもいい人がいると思う。別れよう」と。


Action1「いつもと違う店に行きたいと、ちょっとしたワガママを言った」
答えは× ⇒彼女を喜ばせるためなら、頑張ろうと思えた。

Action2「過去に元カレと行った店の写真を、うっかり見せてしまった」
答えは〇 ⇒男の影を感じてショックを受けるとともに、高級店に行き慣れていることを知り、自信を失ってしまった。


▶前回:付き合いだしてから、たった2ヶ月で「この子ナイかも…」と思われてしまった、女の行為

▶Next:9月30日 木曜更新予定
女友達が多い彼には、どう接するのが正解だった?

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/23 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます