だいたひかる 赤ちゃん性別発表動画に「感動して泣いた」「涙が溢れた」

拡大画像を見る

 来年1月30日に第1子出産を予定しているタレント・だいたひかる(46)が22日、赤ちゃんの性別を発表した。

 だいたは13年5月にアートディレクター・小泉貴之さんと結婚。不妊治療中の16年1月に乳がんと診断され、右胸を摘出。その後、右胸にがんが局所再発し、19年3月に腫瘍摘出手術を受けた。その後、妊活のため、続けていた放射線治療をストップ。今年5月14日に、40歳の時に凍結した受精卵(凍結胚)を体内に移植し、顕微授精で妊娠した。

 22日、小泉さんのブログに動画を投稿。性別を知っていた、だいたが風船に紙吹雪を仕込み、水色なら男の子、ピンクなら女の子、という方法で、21日夜、小泉さんが風船を割って性別を知った映像だった。中から大量に出てきたのはほぼ水色。小泉さんは「マジで?!」と驚きと喜びの表情。だいたが「分かった?ハハハ!」と興奮して笑う声が収められている。

 花吹雪にはピンクも混じっており、だいた自身も動画投稿時点では性別を明言はしていない。

 読者からは、「おめでとうございます!」と反響が続々。2人のやりとりに「自然に涙が溢れちゃう!」「こっちまでうるうるしちゃったー」「小泉さん、喜びの(驚き?)のあまり言葉を失ってますね」「なんだか泣けてきちゃいました」「感動して泣いてしまいました!!」「体に気をつけて元気な男の子産んで下さいね」など、投稿から1時間半で300件を超えるコメントが寄せられている。

関連リンク

  • 9/22 22:19
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます