【門別・フローラルC結果】コスモポポラリタがゴール寸前で差し切り重賞初V

 22日、門別競馬場で行われた第21回フローラルC(2歳・牝・重賞・ダ1600m・1着賞金300万円)は、後方から位置を押し上げた五十嵐冬樹騎手騎乗の2番人気コスモポポラリタ(牝2、北海道・桜井拓章厩舎)が、直線で内を突き、逃げ粘った3番人気ツーシャドー(牝2、北海道・桜井拓章厩舎)をゴール寸前で捕え、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分42秒7(重)。

 さらに3馬身差の3着に1番人気エイシンヌプリ(牝2、北海道・田中正二厩舎)が入った。

 勝ったコスモポポラリタは、父ロージズインメイ、母コスモリープリング、その父ヤマニンセラフィムという血統。牡馬相手のサッポロクラシックCでは4着に敗れたが、牝馬同士のここで巻き返して重賞初制覇を果たした。通算成績はこれで6戦3勝。

関連リンク

  • 9/22 20:48
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます