三吉彩花、派手柄で存在感発揮 思い出詰まった愛用品も明かす<Gucci Garden Archetypes>

【モデルプレス=2021/09/22】モデルで女優の三吉彩花が22日、都内にて行われた「Gucci Garden Archetypes(グッチガーデンアーキタイプ)」展のフォトコールに出席した。

全身を格子柄のモノトーンコーディネートでまとめた三吉。アイメイクも濃い目でクールだが、ミルキーピンクカラーのリップでレディに仕上げ、存在感を発揮していた。

コーディネートについて、「いろんな柄があるモードな格好」とし、「これ1つでかなりインパクトのある衣装なので、特別な時に。普段小物を使う時が多いのですが、カジュアルよりもフォーマルに見せたい時に(Gucciを)使うことが多い」と話していた。

また、1番愛用しているGucciの小物は、1番最初に購入したというベルト。「ずっと昔から欲しくて、確か21歳のときに買いました。どんなファッションにも合いますし、レザーが使えば使うほど柔らかくなってきて、その質感が良いなと思ってかなり愛用しています」とGucciの思い出も明かした。

◆浅野忠信・仲里依紗・前田敦子ら豪華メンバー出席

Gucciは、ブランド創設100周年を祝して、これまでGucciが展開してきた広告キャンペーンを通じて、クリエイティブ・ディレクターアレッサンドロ・ミケーレが描くビジョンと美学、インクルーシブな哲学を映し出すエキシビション「Gucci Garden Archetypes(グッチガーデンアーキタイプ)」展を、9月23日から10月31日まで東京・天王洲にて開催。

今回のフォトコールには、三吉のほか、アレッサンドロ・ミケーレのデザインしたアイテムを身にまとった浅野忠信、上野樹里、仲里依紗、前田敦子、夏木マリ、板垣李光人、MIYAVI、岩橋玄樹ら豪華メンバーが出席した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/22 20:29
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます