伝わってるかな...?「脈アリの男性」に伝わるLINEでの好きサインの出し方って?

拡大画像を見る


男性から脈アリのオーラを感じると、黙っていても告白されるのではないかと期待するでしょう。
しかし、いつまで待っても告白されない場合、もしかしたらあなたからの好きサインが相手に伝わっていなくて、相手は告白の勇気が持てないのかもしれません。
それでも告白されたいなら、あなたからもっと分かりやすい好きサインを出して相手を促す必要があります。では、どういう好きサインをLINEで出せば相手に伝わりやすいのでしょうか。LINEでの好きサインの出し方を考えてみましょう。


男性に誘ってほしい雰囲気を出す

男性に分かりやすい好きサインの出し方は、誘われたいオーラを出すことです。「〇〇に行きたい」や「〇〇を食べたい」というLINEを送り、男性から誘ってくれるのを待ちましょう。
ただし、あまりにも送りすぎると察してチャンだと思われたり「店を調べたり予約したりするのは俺にやれってこと?」と思われたりする恐れもあります。たとえば自分でお店まで調べて「〇〇に行ってみたくない?」と聞くなど、男性の負担にならないように注意しましょう。


男性の趣味の話を教えてもらう

「あなたのことをもっと知りたい」と伝えることは、そのままストレートな好きサインとなります。そのため、LINEで男性の趣味の話や得意な話を質問し、教えてもらいましょう。
直接聞くよりLINEの方が、あなたも調べながら話が聞けるので話が弾みやすくなります。一緒にできる趣味なら「私もやってみたいなぁ」と誘われるのを待つのも良い方法ですよ。


二人きりで飲みに行きたいと誘う

二人でどこかに行きたいというだけでも十分な好きサインですが、さらに「飲みに行きたい」というと好きサインが伝わりやすくなります。
夜に二人だけというのは特別なので、ぜひ素敵なお店をLINEで送って「ここに一緒に行きたいです♡」とアピールしましょう。お互いに飲めなくても、素敵なところに出かけるだけでアピールになりますよ。


鈍い男性にもしっかり伝わる好きサインの出し方を覚えておこう!

鈍い男性は、脈アリサインを出すだけでは気付かない可能性があります。そういう男性にもしっかり伝えて相手から告白されたいなら、脈アリサインではなく伝わる好きサインを出していきましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/22 20:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます