初対面からモテます!【最初に差をつける】モテ女性の会話術の共通点とは?

拡大画像を見る


初対面で「あの人って怖そう」と思われる人と「あの人は優しくて良い感じだね」と言われる人の差は、実は表情だけではありません。
初対面とはいえ、少し会話をするのが一般的ですが、実はそこでの会話術の違いから最初の印象が大きく異なるのです。
つまり、会話術を磨くことで一目惚れされる機会が増えることもあります。では、最初で良い印象を与えるためにはどうすれば良いのでしょうか。モテ女性が意識的に使っている会話術の共通点をチェックしてみましょう。


相手の名前に注目して話題を広げる

まず、初対面といえばお互いに話すことがない状況です。その時は、自己紹介で相手の名前に注目してみましょう。
「漢字はどういう漢字ですか?」とか「響きがかっこいいですね!」とか、一般的な反応で構いません。
自己紹介をスルーする人よりも、そうやって一言を入れる人の方が印象は良くなります。少しの反応で良いので、相手に興味を持っていることをアピールしましょう。


誰でも話しやすい昔の話を聞いてみる

話題がなくなって困ってしまった場合は、相手の思い出話を聞いてみるのがおすすめです。
たとえば出身地や学生時代の部活など、相手が話しやすい話題を選ぶと良いでしょう。誰でも一つや二つは面白いエピソードがあるはずなので、話も盛り上がりやすくなります。
こういう話題で共通点を見つけると、一気に親しくなることができますよ。


相手の趣味が分かったら誘う口実にする

色々と話していて相手の趣味が分かったら、それを誘う口実にしましょう。たとえばスポーツ観戦が好きな相手なら何か試合に誘ってみたり、読書好きな相手なら相手の好きな作家の本を貸してもらうなどの口実が使えます。
誘うこと=相手に好意を持っているアピールになるため、相手から一気に好かれることができますよ。


話しやすい女性になれば一目惚れされる機会も増えるかも!

誰もが緊張する初対面の場面でも臆せず話せる女性になれば、評判が良くなり一目惚れされることも増えるでしょう。
初対面の会話は、実はなんとなく話し方が決まっていて話しやすいので、会話が苦手な人でもパターンを覚えて挑戦してみてくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/22 18:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます