米津玄師、Foorin「パプリカ」ラストステージにコメント出演 最新アーティスト写真も公開

【モデルプレス=2021/09/22】アーティストの米津玄師が、Foorin「パプリカ」のラストステージとなるNHK Eテレ特番「あしたにたねをまこう!LIVE」(9月27日午後7:25~8:00)にコメント出演することが決定。さらに、米津とFoorinの最新アーティスト写真も公開された。

「パプリカ」は、未来に向かって頑張っているすべての人を応援する歌として、米津がオーディションでFoorinのメンバーを選出、作詞・作曲・プロデュースを担当し、辻本知彦と菅原小春がダンスを考案。2019年には「第61回日本レコード大賞」をFoorinが史上最年少受賞、2年連続で「NHK紅白歌合戦」への出場を果たすなど、子どもたちを中心に大きな社会現象となった。

今回公開された最新アーティスト写真は、プロジェクト発足より3年という時を経て、大きく成長したFoorinの姿からは、充実した時を感じさせる写真となった。

◆「あしたにたねをまこう!LIVE」でFoorin卒業

「あしたにたねをまこう!LIVE」では、2018年夏からスタートした「パプリカ」の軌跡を振り返ると共に、日本全国で出会った子供たち、世界のさまざまな人たちのエピソードを紹介。米津のコメント、辻本+菅原のコメントを受け、この放送をもって卒業となる、Foorinがラストステージを披露する。この放送をもって、Foorin、Foorin teamE、Foorin楽団の活動は終了し、卒業となる。

なお、<NHK>2020応援ソング「パプリカ」における米津の印税は、2018年の発表から2021年12月31日期間分までが全額寄付され、「独立行政法人・日本スポーツ振興センター スポーツ振興基金」を通じて、次世代アスリート育成のために役立ててもらうこととなる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/22 17:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます