なぜ「自信が持てない」?40代独女のコンプレックス【40代編集部長の婚活記#268】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/248748/ )

40代の婚活は、大人ならではのデートがあったりする。婚活歴5年を超えたOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)。これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

時は数年前に遡って、ジェントルさんとの復縁編。ステキな誕生日プレゼントをもらってちょっと浮かれているアサミだけれど……。この話は40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【40代編集部長の婚活記#268】

 

「会ってほしい人がいる」!?

ジェントル「会ってほしい人がいるんだけど」

アサミ「いいよ。どなた?」

ジェントル「仕事でお世話になってる人なんだけど」

アサミ「了解!」

なんか仕事の関係ね。

ジェントル「僕がシングルだから『女性を紹介しようか』って前から言われてて」

ん? 仕事じゃない?

ジェントル「ずっと断っていたんだけど『食事会をセッティングする』って言ってきたから、アサミさんのこと話したんだよね」

アサミ「えっ!?」

ジェントル「そしたら会いたいって……」

彼の知人に会う? しかも仕事でお世話になっている人に……! それって、なんかちょっと“真剣に”という感じって思っていいのかしら。

 

会ってほしいお相手とは!

彼が仕事でお世話になっている人は、とある有名企業の役員の方だった。なんだかとても畏れ多いお相手……。ジェントルさん、そんな方と親しくしているんだ。またちょっとだけ、私とは住む世界が違う気持ちになってしまう。

アサミ「私なんかが、お会いしていいんですか?」

ジェントル「もちろん」

アサミ「お時間いただくのが恐縮な気がして。私はただの会社員だし、良家のお嬢様でもないし」

ジェントル「どうして? メディアの編集長に会う機会なんて貴重でしょ」(※数年前、編集長時代のお話です)

アサミ「いやいや編集長っていってもピンからキリまであるし。超有名でも歴史あるメディアでもないし」

ジェントル「ねぇ、あなたはどうしてそんなこと言うの?」

「どうしてそんなに謙遜するの?」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/248748/ )

その言葉にハッとして彼を見た。ものすごく真剣な顔をしている。

ジェントル「“私なんか”って、どうしてそんなに自分のことを謙遜するの?」

ちょっと首を傾げて彼は言った。

ジェントル「日本では謙遜が美徳なのかもしれないし、必要な場面もあるかもしれないけど、僕や僕に関わることにあなたが謙遜する必要ないんです。僕たちのお付き合いは、対等な関係でしょう」

対等な関係……。それはそうなんだけど。彼の育ちや経歴と私のそれとは全然違う。ときどき、彼に相応しい人間じゃない気がしてしまっている。

アサミ「謙遜とかじゃなくて。本当に私、何者でもない人間だし」

ジェントル「あなたは立派なキャリアを積んでいるじゃない。編集長だし、ひとつのメディアをゼロから立ち上げているでしょう? 普通の企業で考えたら新規事業や新ブランドの立ち上げと同じことなんですよ」

アサミ「たまたまです」

 

 

抜擢なんてものじゃなくて…

ジェントル「新規事業って、誰でも任されることじゃないんです。パイオニア精神がある人じゃないと任せられない。すでにあるものを引き継ぐことと、新しいものを立ち上げることのエネルギーは全然違うから」

アサミ「はい」

確かにそうかもしれないけど、そんな抜擢って感じでもなくて。当時の上司が新しいけどめんどくさそうなことは「アサミから始めて」みたいなことが多かった。

社内で女性ファッション誌の総合Web媒体を立ち上げるときも有無を言わさず「とりあえずアサミのところ、S Cawaii編集部からスタートね」と言われた。たぶん、上司にとって私が言いやすい相手だったからだと思う。

ジェントル「車だって発車するときに一番エネルギーがかかるわけで、走行中はそれほどかからない。スタートってそれだけ大変で、それをやり遂げたあなたはすばらしいんです」

 

「自信」が持てない

ジェントル「もっと自信を持って。あなたの書いている文章、あなたがスタートさせたOTONA SALONEで励まされている人、笑顔になれている人がたくさんいるんです」

アサミ「はい……」

まったくのゼロから始まったメディアであるOTONA SALONEが月間で数千PVになっているわけだから、確かに読んでくれている人はいる。どう思うかは人それぞれだけれど。

ジェントル「僕は前から不思議に思ってるの」

アサミ「何がですか?」

ジェントル「あなたはこんなにステキなのに、どうしてそんなに自信が持てないのかなって」

アサミ「どうしてって。私は何か特別なこと、できてないもの」

編集者として、編集長として特別優れているわけでもないし、ものすごい実績を作ったわけでもない。美人でもなければ、圧倒的なオーラがあるわけでもない。自信なんて、持てないよ。

ジェントル「キャリアも女性としても、あなたはステキです。あなたにしか出来ないこと、やっているじゃないですか」

アサミ「私にしか出来ない……」

 

私にしか出来ないことなんてあるの?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/248748/ )

ジェントル「あなたがOTONA SALONEで発信しているのは、“自分らしい生き方”の提案じゃないですか」

アサミ「コンセプトとしてはそうですけど」

ジェントル「40代で婚活や恋愛することも、シミやシワを隠さずに見せていることも、更年期をオープンに語ることも、過去の失敗を伝えることも、誰でもできることじゃないんです」

アサミ「そう……ですか?」

ジェントル「誰もが隠したくなる現実を、堂々と飾らずに伝えていくあなたの言葉は、とても魅力的です。あなたの言葉の力は、あなたにしか出来ないものです。僕はあなたの文章に惹かれたから、会って話してみたいと思ったんです」

アサミ「そ、そんな」

ジェントル「女性としても、明るくて健康的でナチュラルに年を重ねています」

アサミ「そんな風に言ってもらえるのは、うれしいけど」

 

私に足りないのは「自信」

私にしか出来ない「言葉の力」か……。そんなこと、考えたこともなかった。そして彼が私に興味を持ったきっかけは文章だったなんて!

ジェントル「あなたにいま足りない点があるとするなら、自信だと思うんです。他人とくらべたりしないで」

アサミ「くらべない……そうですね」

ジェントル「僕はあなたに自信を持ってもらいたい。だから、あなたのいいところはちゃんと伝えてるつもりだし」

アサミ「うん。いつも会うたびにほめてくださるのは、すごくうれしかったです」

ジェントル「ほめようとして言ってることじゃないんです。僕が思ったことを言っているだけ」

アサミ「あ……」

それはちょっとした誤解だったのかもしれない。彼はほめようとしてではなくて、思ったことを言っているってことは。

 

自信を持つ「きっかけ」って?

眉をひそめてちょっと考え込んだ表情をする彼。

ジェントル「あなたが自信を持つためにはもうちょっとプロセスが必要だね」

アサミ「?」

自信を持つためのプロセス? どういうこと?

ジェントル「今日のファッションとても魅力的です。そのハイヒールを堂々と着こなしている姿は、自信を持っていいんです」

アサミ「自信を持って……」

ジェントル「本質的に自信を持つことが一番大切ですが、その前に、ファッションやメイク、シチュエーションなどの外的要素は自信を持つきっかけになります」

アサミ「はい」

それはわかる。S Cawaii編集部時代、すっぴんに自信のない女の子たちが整形級のメイクで変身したら、キラキラ輝いていく様子を目の当たりにした。ファッションやメイクなどは、確かに自信を持つ一つのきっかけかもしれない。

ハイヒールをプレゼントした理由!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/248748/ )

ジェントル「僕がハイヒールをプレゼントしたのは、自信を持ってほしい意味もあるんです」

アサミ「え!」

ということは、ずっと前から私の自信のなさを彼は感じていたんだ。他の人はどう見ているかわからないけれど。

ジェントル「もっと自信を持って、輝いてほしい。あなたにしかできないキャリア、女性の生き方を切り開いて」

彼は以前から女性がキャリアを積むことをとても大切だと言っている。働く女性を応援してくれている。

アサミ「は、はい」

ジェントル「あなたにはそれができるはず」

アサミ「できるかな」

ハイヒールのプレゼントも、私に自信を持ってほしいというメッセージが込められていたんだ……。

 

彼の知人と会う件は…

ジェントル「OK。僕の知人に会うのはもう少し先にしよう」

アサミ「え」

ジェントル「あなたが自分に自信を持てるようになったと感じたときに、会う機会をつくるね」

アサミ「すみません」

あれ、なんか悪いことしちゃったかな?

ジェントル「謝ることないです。僕がまだあなたに自信を持たせる努力が足りないんです」

アサミ「そんな!」

ジェントル「いろんな経験を一緒にしましょう。あなたは意外と経験不足なのかも」

アサミ「それは、そうかもしれないです」

 

恋人のような、先生のような

ジェントル「じゃ、いろいろ教えなくちゃだね」

ちょっとニヤッとしていたずらげに笑う。

アサミ「もう、何を教えるんですかー!?」

ジェントル「いまはナイショ」

テーブルの上で手と手を重ね合い、優しく優しく撫でられた。まるで、小さいものを愛おしむかのように。

過去にお付き合いした相手は年齢差±2歳の男性ばかりだった。ジェントルさんは私より4歳年上。ほんの少しだけど今までで一番年の差がある。だからなのだろうか? 彼はときに先生のような存在に感じることがある。

自信のなさは経験値のなさ?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/248748/ )

彼が言うように、確かに私はある意味で経験が足りないのかもしれない。フツーの人なら40代で経験しているであろうこと。たとえば結婚や出産もそうだし、恋愛での経験値もない。それが自信のなさにつながっている……。

40代まで結婚をしない、出産をしない選択をしたのは自分だし、そこに後悔はない。ただどこかでフツーじゃない自分にコンプレックスを持っていたのかもしれない。

だけどジェントルさんの言うように、私にしかできないキャリア、女性の生き方を切り開く──。結婚も出産もしない人生を選んだからこそできることをもっと自信を持ってもいいのかもしれない。ちょっとだけ、そんな風に思えた気がした。

 

言い出せないまま

ほどなくして店を出た。お会計は彼がサッと済ませてくれた。

ホテルからはタクシーで彼の家へ。会話はもうまったく違う内容になっていたけれど、さっきのホテルのレストランでの会話のひとつが、心の奥で引っかかっていた。

彼のお仕事でお世話になっている人から「女性を紹介しようか」と言われていること。ずっと断っていたと言っていたけれど、一回くらい誰かと会ったことあるの? それは私と知り合う前から? 後? 気になっていながらも、言い出せずにいた。

これから手掛ける仕事のことを饒舌に話す彼の隣で、私はほんのちょっとだけ不安をかかえたままタクシーに揺られていた。

 

運命の人と出会うには!?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/248748/ )

運命の人は勝手にやってきません。自分で見つけるもの……。出会うためには何をしたらいいか? その紆余曲折を綴った【40代編集長の婚活記】が、書籍になりました! 絶賛、好評発売中です!

恋愛に不器用な40代独女が婚活でたどり着いた結論とは⁉ 運命の人をみつけたい人、必見です!!!

 

関連リンク

  • 9/22 8:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます